2018年5月18日 (金)

Arcserve UDPのパフォーマンス検証結果や実測値を知りたい!

パフォーマンス検証結果や実測値について
いくつか資料を用意してありますのでご紹介します。

◆Arcserve UDP アプライアンスのパフォーマンス検証結果を用意しています。
重複排除によってバックアップ速度も向上するのか(バックアップ時間が短くなるのか)?
等について、この資料で確認できます。


(抜粋)
本検証では、UDPアプライアンスにおいて以下の観点でパフォーマンスを測定し、有効性を判断します。
・重複排除/非重複排除
 - バックアップ/リストア/転送/テープコピー
・ネットワークインターフェースカード標準 NIC 1Gbps/オプション NIC 10Gbps
 -バックアップ/リストア

Appliance_2


◆クラウドへバックアップする場合にボトルネックは何?どのくらい時間がかかるの?
という疑問には、この資料がお答えします。


(抜粋)
本検証では、Arcserve UDP および Arcserve Backup において、Amazon AWS、および MicrosoftAzure にバックアップ/復旧する際のパフォーマンス指標となるべき値の提示を目的としています。
また、Arcserve UDP v6.5 で可能となった、クラウド環境への仮想スタンバイ機能における所要時間の確認を目的としました。

Cloud_2



» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

Arcserve UDP 8000シリーズ ApplianceにHDD RAID6モデルが登場!!

arcserveのバックアップアプライアンス「Arcserve UDP 8200/8220 Appliance」のラインナップに、
ハードディスクドライブ(以下、HDD)のRAID構成をRAID6とした新モデル
「Arcserve UDP 8200-6/8220-6 Appliance」が追加されました。

これまでの製品名8200と8220の後ろに「-6」が付いているのが目印です。

では、この新モデルの特徴をみてみましょう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

耳より情報:バージョン別機能一覧をご存知ですか?

こんにちは。

GWロス気分になりそうな今日この頃ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

前回から始まった「耳より情報」、第2回の今回は「バージョン別機能一覧」を紹介しています。

「バージョン別機能一覧」でなにが出来るのでしょうか?

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

メルマガの定期購読お申し込み:

https://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] 耳より情報:バージョン別機能一覧をご存知ですか?

┃ ◆◇ バージョン別機能一覧:

┃  https://arcserve.com/jp/wp-content/uploads/2017/12/udp-version-matrix.pdf ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回はArcserveの新規購入やバージョンアップを検討される際に役立つ「耳より情報」をお届けします。

Arcserveの「カタログセンター」には、製品カタログ、紹介プレゼンやFAQ、またはライセンスガイドやインストールガイドなどの技術資料など提案や導入、運用に役立つ情報が各種掲載されていることをご存知ですか?

「えっ、知らなかった」と言う方はお時間のある時にカタログセンターを訪れてみてください。

◆◆ 『Arcserve カタログセンター』は、こちらから -----------------------------------

 https://arcserve.com/jp/jp-resources/catalog-center/

-----------------------------------------------------------------------------------------

訪れたことがある方は既にお気づきかも知れませんが、掲載情報の中に「バージョン別機能一覧」があります。

これはその名の通り、Arcserve製品の各バージョンが搭載する機能を列記し、比較可能とした資料です。

この資料を参照いただくと、以下が「できる」ようになります:

  Arcserveの進化の歴史を速習できる

 ・ 「こんな頃からこんな機能を搭載していたんだぁ!」と、Arcserveの先進性に納得いただける

 ・ バージョンアップ後に利用可能になる機能を前もって把握できる

 ・ 「こんなことができるので現在の運用を改善できます!」と、バージョンアップのメリットを提案できる

バージョン別機能一覧はArcserve UDP版とArcserve Backup版があります。

バージョンアップをご検討中(またはご提案中)の皆様、是非この機会に最新の便利機能を確認し、バージョンアップ後の運用改善も視野に入れて検討してみてはいかがでしょうか?

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

検索エンジンを使うようにOffice365やExchange (Outlook) のメールを高速検索できます。

先日、「メール長期保管とメール高速検索を簡単に行える製品の
Arcserve UDP Archiving (アーカイビング) v6.0 をこのたび発表しました。」
とUDP アーカイカイビングをご紹介しましたが、


その高速検索についてさらに話を続けます。

UDP Archiving は、すべてのメールを送受信時に収集し、暗号化して保管します。
保管する際には、テキストインデックスが付加されますので、高速な検索が可能になります。

検索エンジンを使うような簡単なキーワード検索(複数のキーワード設定が可能)から、
「送信者」「受信者」「件名」や日付範囲、添付ファイルの有無などの条件による詳細検索が可能です。

Outlookやサーバ上にある大量のメールを検索するのに時間がかかりすぎるので、
メール検索スピードを改善したい!!という場合に
このUDP Archivingが役立ちます。

検索の詳細は、『管理者ガイド』 の「検索(P.105~)」「高度な検索(P.107~)」をご覧ください。

Search


ちなみに、アクセス権は、上位の管理者から従業員まで厳格な管理が可能で、
それぞれにポリシーを適用できますので、
誰でも他の人のメールを検索できてしまう、といったことはありません。

Arcserve UDP Archivingを簡単に説明した『製品カタログ』はこちらです。


また、詳細は『ご紹介資料』をご覧ください。



» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

復旧ポイントサーバ(RPS)が必要かどうか、要否の一覧表をご紹介します。

Arcserve UDP をご検討のお客様より、

「ライセンスガイドを拝見すると、RPSが必須のようですが、
復旧ポイントサーバ(RPS)を設けることは必須ですか?」

とのお問合せをよくいただきます。

答えは、

「復旧ポイントサーバ(RPS)が必要かどうかは、お客様のバックアップ要件により異なります。」

です。

たしかに、ライセンスガイドを見ると、復旧ポイントサーバ(RPS)が
構成に入っているものが多いため、一見すると、UDPでバックアップする場合には、
復旧ポイントサーバが常に必要であるように感じてしまいますが、
バックアップ要件で復旧ポイントサーバ(RPS)が必要なケースを中心に
ライセンスガイドを作成しているため、復旧ポイントサーバ(RPS)の登場回数が多いだけです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

耳より情報:手軽に効率よくArcserve 製品のことを勉強するには??

こんにちは。

4月も半分を過ぎ、新しい年度や組織にもそろそろ慣れ始めた頃でしょうか?

さて、これまでArcserveメールマガジンに掲載した「コラム」を本ブログに転載してきたのですが、

今回のメルマガから「コラム」よりも幅広いテーマを取り扱える「耳より情報」として情報発信しております。

それに伴い、今後のブログへの転載も「耳より情報」となります。

今度ともよろしくお願いいたします。

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

 

メルマガの定期購読お申し込み:

https://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

 

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] 耳より情報:手軽に効率よくArcserve 製品のことを勉強するには??

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは。

これまで「コラム」としてお届けしてきた製品に関わる情報を、新年度の始まりに合わせて改題し今回から「耳より情報」としてこれまで以上に提案・導入・運用に役立つ情報をお届けしてまいります。ご期待ください。

さて「耳より情報」の第一回目は、いつでもどこでも手軽に視聴できるWebセミナーをご紹介します。

皆様にArcserve 製品の良さをお伝えする機会として無償の実機トレーニングを実施しておりますが、ほとんどは弊社神保町オフィスでの開催のため、大変恐縮ですが神保町オフィスまでお越し頂く必要があります。忙しくて受講する時間が取れない方や、なかなか神保町オフィスまでお越し頂けない方に耳よりな情報ですが、以下の Web セミナーをご存知でしょうか?

Webセミナーでも講師が詳しく解説しているため、今までArcserve 製品をご存知無かった方はもちろん、ご存知の方も改めてArcserve製品をご理解頂く際にお役立ていただけます。

インターネットが利用できる環境であれば、オフィスや外出先、自宅など、どこからでも参照いただけます。セルフラーニング形式なので、お時間ある時に短時間だけ視聴したり、聞き逃した部分を再度聞きなおすなど、ご自身のペースで受講いただけます。

◆◆ Arcserve Webセミナーの情報は、こちらから -------------------------------------------

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

耳から理解したい人必見!UDPアプライアンスを学ぶ動画を公開中!

Arcserve UDP をプリインストールしたバックアップ専用アプライアンスの
Arcserve UDP 8200/8220について説明した資料としては、


をPDFで公開しています。

この他にもYouTubuの「Arcserve」に解説動画も公開しています。

耳で聞いて目で見ることでより理解が深まること間違いなしです!




ちなみに、この動画はもともとセルフトレーニング用に作ったものですので(※)、
内容はより理解しやすいものになっています。

※そのため最後に「確認テストは80点以上で合格です」といった表示も出てきます。


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

ArcserveでのLotus Domino(Notes)データベースのオンラインバックアップ

お客様から、

「Lotus Domino(Notes)データベースのオンラインバックアップをArcserveで行いたい」

との問い合わせをいただきます。

Arcserveでは、バックアップサーバに「Arcserve Backup本体製品」を導入いただき、
Lotus Domino(Notes)データベースサーバに「Agent for Lotus Domino」を
導入いただくことで、Lotus Domino(Notes)データベースのサービスを停止することなく、
オンラインバックアップが行えます。

また、「Agent for Lotus Domino」には「Point-In-Time 回復」という機能を標準で有しており、

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その24 ~ Arcserve UDP v6.5 で SharePoint Online のバックアップが可能になりました!

こんにちは。

4月を迎え、多くの企業や学校では新年度が始まりました。

新入社員や組織変更、異動によるメンバーの入れ替えなど様々な変化の季節ですね。

Arcserveも新年度を迎え、合わせてUDPに新たな機能を追加しました。

今回のコラムではさっそくその新しい変化をご紹介しています。

今年度もArcserveと本ブログ・メルマガともどもよろしくお願いいたします。

 

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

メルマガの定期購読お申し込み:

https://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

 

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その24

┃ ◆◇ Arcserve UDP v6.5 SharePoint Online のバックアップが可能になりました! ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月になり新年度が始まりましたが、Arcserve UDP にも新しい機能が追加されました。

Arcserve UDP は以下のクラウドの活用を支援する様々なソリューションを提供していますが、

このたび追加された SharePoint Online のデータ保護についてご紹介します。

 

<クラウドの活用を支援する Arcserve UDP のソリューション>

1. 災害対策としてバックアップデータをクラウドに保管

2. クラウドを活用した迅速な事業継続

3. IaaS/PaaS/SaaS データの保護

 

最近働き方改革のインフラなどで注目を浴びている Office 365 への対応を強化し、SharePoint Onlineバックアップを追加しました。()

これまでの Exchange Online メール ボックス、パブリック フォルダの保護に加え、SharePoint Online のドキュメントも保護できます。

 

クラウドのデータであっても、ユーザによる削除や間違った入力を元に戻すには、バックアップデータが必要です。さらに SharePoint Online の容量制限(初期容量 1TB + 0.5GB × ユーザ数)のために削除した古いデータを長期保管しておく目的にも使えます。

 

今後 Office 365 の導入を考えている方も、既にご利用中の方も是非 Arcserve UDP による Office 365 のデータ保護をご検討ください。

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

Arcserve UDP Appliance:搭載される OS が変わります!

Arcserve UDP アプライアンスの OS はこれまで Windows Server 2012 R2 でしたが、4月23日以降後注文いただくものから Windows Server 2016 に切り替わります。

Arcserve UDP 8200/8220 Appliance 製品構成変更のご案内
https://arcserve.com/jp/wp-content/uploads/2018/03/info-appliance-8200-win2016.pdf

価格や型番、使える機能は変わりませんのでご安心ください。Windows Server 2012 R2 版が欲しいという方はお早めにご注文を。

以上、ホテがお伝えしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Arcserve UDP v6.5へのアップグレードの際は「Update 3」の適用を行ってください。