« ARCserve Replication 動作要件 | トップページ | 【@ITに連載中!】中堅・中小企業のレプリケーション活用物語 »

2010年4月20日 (火)

CA PowerShell 講座 最終話: CA パワーシェルをバッチで実行するまで (まとめ)

マサオミです。今週のTech Tuesdayを始めます。

本日はこれまでの内容のおさらいです。
最後の「バッチ1つで操作する」までの最短ステップを
まとめておこうと思います。

■ 前回までの記事

CA PowerShell 講座 第1話: CA パワーシェルをインストールしよう

CA PowerShell 講座 第2話: CA パワーシェルを使ってみよう

CA PowerShell 講座 第3話: レプリケーションをバッチで実行!

CA PowerShell 講座 第4話: バッチ1つで操作する

■ 「バッチ1つで操作する」に至るまでのステップ

準備: Microsoft .NET Framework 2.0のインストール
STEP1: Windows PowerShell のインストール (Windows Server 2008 R2以外)  (⇒ 第1話 【1】)
STEP2: CA パワーシェルのインストール  (⇒ 第1話 【2】) ※
STEP3: プロファイルの作成・保存 (⇒ 第4話 ①)
STEP4: バッチファイルの作成 (⇒ 第4話 ②)

これだけです。まとめると短いですね。

ここで、ポイント
STEP2の「CA パワーシェルのインストール」で1点だけ、
この記事を書いた時点では書き忘れていたことがありました。(すみません)
インストール作業が終わりましたら、一度スタートメニューの[プログラム]から
[CA] - [XOsoft] - [PowerShell] を実行してください。

インストールメディアからのインストールが終わっても
実はCA パワーシェルのインストールは完全には終わっておらず、
CA パワーシェル初回実行時にWindows PowerShellへ必要なDLLが登録されて
ようやくスクリプトでの実行ができるようになります。

まぁ、ややこしいことは抜きにして、インストール後の動作確認だと思って実行してみてください。
(こちらは第1話の記事にも後ほど追記しておきます)

結局のところ、1話と4話だけでよかったのでは?というご意見もありそうですが、
基本を抑えておかないと応用が利かなくなってしまうので、
少し回り道をさせていただきました。
ここまで読んでいただき感謝いたします。

運用でも自動化を図る場合にはバッチ実行は必須だと思います。
特にARCserve Backupで連携がサポートされていないアプリケーションのバックアップや
イメージからバックアップを取りたい場合など、ジョブ前にシナリオを一時停止するには
便利だと思います。もちろん、この方法を使えば他の製品でも連携はできます。

「うまくいかないんですけどー」
「CA パワーシェルでこんなことってできませんか?」
などのご質問などは、是非ご意見ページへお寄せください ⇒ ご意見・ご感想

余談ですが、私はプリセールスという立場上、製品デモンストレーションを頻繁にしていますが
概要ページにログインして、XOsoftマネージャを立ち上げて、シナリオ作成して、
実行してようやくデモ準備完了・・・というのが手間だと感じていました。
「OSにログインしたら、CA パワーシェルバッチをダブルクリック」という手順に変えることで
かなり短い時間でデモンストレーションの準備ができるようになりました。
一度作成してしまえば、後は実行するだけなので非常に便利です。

是非、皆さんもレプリケーションをバッチでコントロールしてみてください。

それでは若干短いですが、本日はここまで。
See you in next TT. . .

|

« ARCserve Replication 動作要件 | トップページ | 【@ITに連載中!】中堅・中小企業のレプリケーション活用物語 »

技術情報」カテゴリの記事

製品について」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/48133634

この記事へのトラックバック一覧です: CA PowerShell 講座 最終話: CA パワーシェルをバッチで実行するまで (まとめ):

« ARCserve Replication 動作要件 | トップページ | 【@ITに連載中!】中堅・中小企業のレプリケーション活用物語 »