« 好評の『ライセンスガイド』~今回r15版を公開! | トップページ | 一元管理可能? »

2010年8月24日 (火)

隠れた機能シリーズ: スナップショットマネージャ?

こんにちは。マサオミです。
毎日暑くてしんどいですね。今年は残暑も厳しいようです。
熱中症には充分ご注意ください。

 

さて、少々遅れましたが火曜日に戻してのTech Tuesday、
本日は「隠れた機能シリーズ」ということで
「スナップショットマネージャ(スナップショット管理)」をご紹介します。

マネージャ画面を見ていて「なんじゃこれ?」って思ったこと、ありませんか?

IMG100824_001

機能としてはOSのVSSスナップショットを利用しているのですが、
製品で発行したスナップショットのマウントなどをマネージャから
コントロールする機能なんです。

利用する際は以下の手順を実行します。

  1. スケジュールタスク(一時停止やアシュアードリカバリ)を設定する
    ⇒ このタイミングでVSSスナップショットが発行されます。
  2. スナップショットマネージャで対象のスナップショットを公開/マウントする
  3. スナップショットからデータを取り出す

では、順を追って説明していきましょう。

 

1.  スケジュールタスクを設定する

以前に当ブログのライター、ホテより一時停止の方法について
書かせていただきましたが、今回もほぼ同じです。

参考: レプリケーションの一時停止(2/2)

この記事では触れていませんが、ツリーを展開すると
[シャドーコピー(VSS)の作成]という項目があり、
デフォルトで「オン」になっています。

IMG100824_003

この項目をオンにしたまま、スケジュールを設定します。

IMG100824_004

IMG100824_005

そして、シナリオを開始します。(設定の保存は忘れずに)

IMG100824_007

設定した時間になると一時停止が実行され、スナップショットが発行されます。

IMG100824_009

 

2.  スナップショットマネージャで対象のスナップショットを公開/マウントする

スナップショットが取られたら、「スナップショット ビュー」をクリックし、
スナップショットマネージャを呼び出します。ここでマウントする対象の
スナップショットを選択します。

右クリックするとコンテキストメニューが出てきて、
対象をどのように公開するかを選べます。

IMG100824_011

まずは「ドライブ文字として公開」を選んでみましょう。
すると「ドライブ文字の選択」という画面が表示されます。
スナップショットの発行されているレプリカサーバで
現在利用されていない文字が選べます。
今回は「Gドライブ」を指定して、[OK]をクリックします。

IMG100824_012

すると、レプリカサーバにGドライブができます。

IMG100824_014

中を見ると、スナップショットが取られた時点でのデータが
展開されています。

IMG100824_015

 

3.  スナップショットからデータを取り出す

OSのVSSスナップショットの機能そのままなので、
誤って削除してしまった、変更してしまったファイルを
最後にスナップショットを取った時点まで戻すことができます。
ドラッグアンドドロップで救ってあげてください。
スナップショットのデータそのものは読み取り専用(Read Only)です。

利用が終わったらマウントを解除します。

IMG100824_016

するとドライブごと無くなります。

IMG100824_017

 

他にも空のフォルダにマウントする、という方法もあります。
予め空のフォルダを作っておき、そのフォルダにマウントする、
という感じです。

スナップショットを選んで右クリックした際に
「フォルダ配下で公開」もしくは「フォルダ配下にマウント」を
選択してください。(一番初めにマウントする場合は「公開」となります)

するとフォルダ選択の画面がでてきますので、
空のフォルダを指定してください。今回は「test_folder」という
空フォルダを予め作ってそこを指定します。
※空フォルダ以外を選択するとエラーになります。

IMG100824_019

すると、指定したフォルダのアイコンが変わり、
その下にデータがマウントされます。

IMG100824_020

中身も当然入ってます。

IMG100824_022

 

いかがですか?結構簡単ですよね。

ちなみに「VSSスナップショット発行」ボタンはありません。
スケジュールしたタイミングのみでVSSスナップショットは発行されます。

ARCserve Replicationとしては世代管理はあまり得意ではありませんが、
OSのVSSスナップショット機能と組み合わせて利用することで
世代管理をすることができます。

ただ、VSSスナップショットに頼りすぎるのも注意が必要です。
元ディスクが物理的に壊れてしまうと、スナップショット情報も
利用できなくなってしまうからです。

そこまで含めて心配される場合には、
ARCserve BackupやARCserve D2Dをご利用ください。

 

それでは今回はここまで。
See you in next TT . . .

------ Facebook ページ も よろしく! -------

|

« 好評の『ライセンスガイド』~今回r15版を公開! | トップページ | 一元管理可能? »

技術情報」カテゴリの記事

製品について」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/49238619

この記事へのトラックバック一覧です: 隠れた機能シリーズ: スナップショットマネージャ?:

« 好評の『ライセンスガイド』~今回r15版を公開! | トップページ | 一元管理可能? »