« 最先端IT・エレクトロニクス展の「CEATEC JAPAN 2010」 | トップページ | 「CEATEC JAPAN 2010」とは、なんでしょーか? »

2010年9月14日 (火)

r15の新機能紹介: オフライン同期を使う!

マサオミです。
まだまだ暑い9月、2回目のTech Tuesdayです。

今回はやや変則日程なんですが、前回からの流れでオフライン同期の
利用方法について解説したいと思います。前回の記事に掲載した
以下のイメージ図を元に解説します。

Offline_sync_image

前回の記事はこちら

では、早速実践していきましょう!

■ステップ1: シナリオを開始してVSSスナップショットを取得

まずはシナリオを作成して、シナリオを開始しましょう。
例ではマスタサーバの「D:\第1ソリューション営業部」を
レプリケーション対象にしています。

IMG001

開始した際に、「同期方法」についてポップアップがあがってきますが、
そこで「オフライン同期」を選択し、OKをクリックします。

IMG002

すると、以下のようにサーバの絵が表示され、矢印の下に「オフライン同期」と
表示されます。また以下のようなメッセージが表示されるはずです。

「’D:/第1ソリューション営業部’の同期データは
’C:/OfflineSyncMountPoint/D_Volume/第1ソリューション営業部’
あります。レプリカへの手動コピーの準備ができています。」

IMG003

ということで、マスタサーバの指定されたフォルダに移動してみましょう。

■ステップ2: 外部メディアにデータをコピー

マスタサーバに行くと、Cドライブ直下にOfflineSyncMountPointという
フォルダができていて、その中にはVSSスナップショットがマウントされた
状態になっています。

IMG004

階層を降りると、「第1ソリューション営業部」があります。

IMG005

このフォルダの内容を手動で、もしくはARCserve Backupなどの
バックアップ製品で持ち運び可能な媒体(外付けHDDやテープ、DVDなど)に
コピーします。

■ステップ3: 輸送 ~ データを運ぶ ~

輸送、バイク便、タクシー、電車、飛行機・・・など
どのような方法でもいいので物理的にデータを運んでください。

■ステップ4: レプリカサーバにデータをコピー(リストア)

レプリカサーバのD:\を見てみると、
「第1ソリューション営業部」というフォルダだけできています。

IMG006

ここにマスタから持ってきたデータをコピーします。

IMG007

■ステップ5: スナップショットと比較 ~検証~

コピーが終わったら再びARCserve RHA マネージャ画面に戻ります。
そしてメニューから[ツール] - [オフライン同期管理] を選びます。
(もしくはツールバーでアイコンをクリックします)

IMG008

すると、こんな画面が出てきます。
一番上を選んでOKボタンをクリックします。

IMG009

検証が開始されます。検証処理については
「ブロック同期(同一サイズ/変更時間のファイルを無視する)」が実行されます。
(セキュリティ情報(ACL)はきちんと確認されます。)

検証が終了すると、検証レポートが生成され、レプリケーションが開始します。

IMG011

以上です。簡単ですよね。コピーするだけなんで。

最後にちょっと補足。
「ワークグループで実施するオフライン同期」についてです。
遠隔地においてはあまりないかもしれませんが、
ADドメイン環境ではない場合、サーバ毎にSIDが異なるため、
ただ単にファイルをレプリカ側にコピーをしても
ステップ5の「スナップショットと比較」の段階で以下のようなエラーになります。

「マスタとレプリカのデータが異なります。追加情報の相違点レポートを
参照してください。」

IMG014

「全く同じデータをコピーしているのに・・・なぜ・・・」と思ったら
相違点レポートを見てください。

レポートを見ると「セキュリティの変更」というイベントが
表示されていることが確認できます。つまり、レプリカ側のデータには
セキュリティ情報の異なるデータが存在している、ということになります。

IMG015

ワークグループの場合には、以下の「ACLのレプリケート」オプションを
オフにしておくとよいでしょう。こうしておくと検証時にもACLは
元々レプリケーション対象外になりますので検証されません。
結果、コピーしたデータと元のデータのユーザSIDが異なっていても
検証は終了します。

IMG016

いかがでしょうか?ARCserve Replicationもr15になって着実に進化しています。
新しい機能、オフライン同期も是非活用してみてください。

それでは、本日はここまで。
See you in next TT . . .

PS
今回2週続けての掲載になりましたので、
次回のTech Tuesdayは28日に更新したいと思います。

|

« 最先端IT・エレクトロニクス展の「CEATEC JAPAN 2010」 | トップページ | 「CEATEC JAPAN 2010」とは、なんでしょーか? »

技術情報」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/49440660

この記事へのトラックバック一覧です: r15の新機能紹介: オフライン同期を使う!:

« 最先端IT・エレクトロニクス展の「CEATEC JAPAN 2010」 | トップページ | 「CEATEC JAPAN 2010」とは、なんでしょーか? »