« 便利な資料のご紹介(その3) 製品構成が一目瞭然! ライセンスガイド | トップページ | 便利な資料のご紹介(その4)ARCserve Replication / High Availability 製品価格表 »

2010年12月21日 (火)

r15でHyper-Vシナリオを使うとここが凄い!その1

マサオミです。

 

Tech Tuesdayを始めます!(今日は火曜日でよかったはず・・・)

 

そろそろクリスマスですね。   
先日別件で六本木に行った際、東京ミッドタウンの   
クリスマスイルミネーションを見たのですが、   
最近のイルミネーションって凄いですね!3Dなんです。   
光が飛びかうので見ていて飽きないです。   
(1人で見ていても楽しめると思います!・・・私も楽しめたので・・・)

 

スターライトガーデン|イルミネーション|MIDTOWN CHRISTMAS 2010|東京ミッドタウン   
http://www.tokyo-midtown.com/jp/xmas/2010/illumination/index.html

 

イルミネーションを見ながら「進化してるなぁ」と思ったわけですが、   
ARCserve Replicationもr15になってHyper-Vシナリオも進化してます!(強引ッ  汗

 

 

 

R15newHyper-V    
図1: ARCserve RHA r15 Hyper-V仮想環境対応強化

 

今回もHyper-Vシナリオネタで、r15でどう変わったか、について   
お話させていただきます。

 

Hyper-Vシナリオの進化① 「アシュアード・リカバリ機能の実装」

 

まず1点目はHyper-Vシナリオでアシュアード・リカバリ(無停止テスト)が   
利用できるようになった点です。

 

我々のようなサードベンダーが作成する製品を利用して   
データの複製を行う場合、お客様の中で常に頭に残る不安として   
「複製したデータは本当に利用できるのか」という点です。

 

アシュアード・リカバリはその不安を解消します!

 

この機能を使うと、本番環境を稼動させたまま、   
レプリケーションも継続したまま、レプリカサーバに複製された   
アプリケーションデータがきちんと利用できるかを確認することができます。

 

AssuredRecovery    
図2: アシュアード・リカバリの利点

 

この図の②で書いてある「アプリケーション」というのが   
Hyper-VシナリオではHyper-Vの仮想マシンになります。

 

Hyper-Vシナリオでアシュアード・リカバリでテストを実行すると   
マスタサーバでは仮想マシンを稼動させたまま、   
レプリカサーバでも複製した同じ仮想マシンを起動します。

 

ただ、同じ仮想マシンなのでそのまま立ち上げてしまうと   
ホスト名やIPの競合が起こります。   
ARCserve Replicationはテスト実行時、   
レプリカサーバに内部ネットワークを一時的に作り、   
そのネットワークで仮想マシンを立ち上げます。

 

AssuredReocvery2    
図3: Hyper-Vシナリオのアシュアードリカバリの動作

 

こうすることで複製された仮想マシンのOSが立ち上がることも   
確認することができますし、本番サーバの仮想マシンにも   
影響を与えることなくテストをすることができるのです。

 

 

 

いかがですか?これができることで色々な不安が解消できるのではないかと思います。   
もちろんレプリカサーバでもHyper-Vの役割が追加されている必要がありますが   
Hyper-Vの仮想マシンの可用性を少しでも高めたいという場合には   
不安解消のためにも是非使ってください。無料です(笑)

 

それでは、本日のTech Tuesdayはここまで。   
次回はもう1つの進化「DNSリダイレクト」について   
ご説明したいと思います。

 

See you in next TT .  . .

|

« 便利な資料のご紹介(その3) 製品構成が一目瞭然! ライセンスガイド | トップページ | 便利な資料のご紹介(その4)ARCserve Replication / High Availability 製品価格表 »

技術情報」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/50358763

この記事へのトラックバック一覧です: r15でHyper-Vシナリオを使うとここが凄い!その1:

« 便利な資料のご紹介(その3) 製品構成が一目瞭然! ライセンスガイド | トップページ | 便利な資料のご紹介(その4)ARCserve Replication / High Availability 製品価格表 »