« 便利な資料のご紹介(その4)ARCserve Replication / High Availability 製品価格表 | トップページ | 新年明けましておめでとうございます »

2010年12月28日 (火)

r15でHyper-Vシナリオを使うとここが凄い!その2

マサオミです。今年最後のTech Tuesdayを始めます~!

クリスマスが終わると年末ですね。   
もう2010年も終わりなんですね。早いものです。   
このブログを始めて早1年。様々な情報を書かせていただきましたが   
皆様のお役に立てているでしょうか。 

---------------ご連絡-----------------    
本ブログの「ご意見・ご感想」にコメントいただきました勝泉様、      
いただいておりましたご質問に回答いたしました。      
コメントいただいていたことに気が付かず大変遅くなってしまいました。      
申し訳ございません。引き続きご愛読いただけますようお願いいたします。

他の方にも参考になるかと思いますので、    
是非このブログの左側、「ご意見・ご感想」をご参照ください。      
また、他にもご質問やご感想などございましたら是非お気軽にお寄せください!      
--------------------------------------
 

さて、今回も引き続きHyper-Vシナリオについてですが、   
r15になって進化したポイントの2つ目、   
「DNSリダイレクトの実装」について書きたいと思います。

R15newHyper-V

Hyper-Vシナリオの進化② 「DNSリダイレクトの実装」 

Hyper-VシナリオでもDNSリダイレクトが利用できるようになりました。

そもそもDNSリダイレクトとは何でしょうか?   
そんな方もいらっしゃると思うので簡単に解説をします。

DNSリダイレクションというはARCserve High Availabilityを利用する際に   
選択することができる「切り替え方法(リダイレクション)」の1つです。   
スイッチオーバーが発生すると、DNSサーバのAレコードを変更し、   
マスタサーバのIPアドレスを問い合わせても、レプリカサーバのIPアドレスが   
返えるようにすることで、クライアントが自動的にレプリカサーバを向くようにします。

DNS_Redirect1 
図1: 通常のDNSリダイレクションの仕組み

 

この仕組みとほぼ同じ方法をHyper-Vシナリオでも利用できます。   
Hyper-VシナリオのDNSリダイレクトでは切り替わった後に利用する   
ゲストOSのIPアドレスを予めシナリオに登録しておきます。   
スイッチオーバー後にはAレコードに記録されているゲストOSのIPアドレスを   
登録しておいたIPアドレスに書き換えます。 

Hyper-V_DNS_Redirect   
図2: Hyper-VシナリオのDNSリダイレクション

 

このリダイレクション方法はネットワークセグメントが違う   
レプリカサーバにスイッチオーバーする際に効果を発揮します。   
(同じセグメント内であればただ単にゲストOSを起動すればいいだけです。)   
切り替わった先のIPアドレスでAレコードを書き換えるので   
起動した後のゲストOSにいち早くアクセスができるわけです。

ただ、注意点としては、ゲストOSに登録されているIPアドレスそのものは   
製品の方でも変更してくれません。切り替わった後に利用するIPアドレスは   
予めゲストOSのNICに登録しておきます。 

image   
図3: IPアドレスを追加する設定の例

 

こうすることで切り替わった後でもすぐにゲストOSに   
アクセスができるようになります。

この方法が利用できることによってこれまで少々手順が必要だった   
WAN越のHyper-Vシナリオも簡単に利用できるようになりました。 

いかがでしたか?   
ネットワークセグメントが違うHyper-V環境を2つ用意するのは   
なかなか難しいとは思いますが、機会がありましたら是非試してみてください。

さて、次回は「Hyper-Vシナリオでよくある質問」を書いて   
このシリーズのまとめとしたいと思います。 

本日はここまで。   
See you in next TT . . .

|

« 便利な資料のご紹介(その4)ARCserve Replication / High Availability 製品価格表 | トップページ | 新年明けましておめでとうございます »

技術情報」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/50420909

この記事へのトラックバック一覧です: r15でHyper-Vシナリオを使うとここが凄い!その2:

« 便利な資料のご紹介(その4)ARCserve Replication / High Availability 製品価格表 | トップページ | 新年明けましておめでとうございます »