« Replication とBackupの連携による簡単バックアップ | トップページ | OSメディア無しでもサーバを丸ごと復旧できる!?その秘訣。 »

2011年8月19日 (金)

物理サーバから仮想サーバへのサーバ移行ツールとしても大活躍

Koichiです。

「システム情報、OSも含めて遠隔地へバックアップしたい」
という場合は、ARCserve ReplicationとARCserve D2Dを組み合わせることで実現可能です。

今回は、OSからまるごとという観点で、ARCserveD2D についてご紹介します。

◆もともとのサーバへ「OSからまるごと」戻せますか?

データ復旧という観点では、あるサーバでバックアップした場合、そのサーバが残っている限りは、元のサーバへ復旧ができればデータ保護は可能です。

ここで重要なのは、いかに素早く戻せるか。という点です。
この点で、ハードウェアにOSが入っていない状態からいっきに戻すベアメタル復旧(BMR: Bare Metal Recovery)は重宝されます。
(同一環境へのBMR)

◆別のサーバへ戻せますか?

ただ、元のサーバが故障等で利用できず、別のサーバで運用する必要がある場合、別のサーバへの復旧ができなければ、せっかくバックアップしてあったデータも活用ができなくなってしまいます。

あるサーバでバックアップして、他の異なるサーバに「OSからまるごと」リストアできたら便利です。

ARCserve D2Dはこういうケースでも活用できます。
(別環境へのBMR)

具体的には、

・物理サーバから別の物理サーバへ
Bmr1_2

・物理サーバから仮想サーバへ
Bmr2

・仮想サーバから仮想サーバへ

Bmr3

これらに全部対応しています。

◆サーバ移行ツールとして応用利用

したがって、バックアップの応用として、
物理サーバから仮想サーバへの簡単に移行するツールとしてARCserve D2Dを利用するケースも出てきています。

物理サーバでOSまるごとバックアップしておき、仮想サーバで戻すだけ(しかも物理で戻すのと同じ操作)なので移行時の工数削減に効果ありです。

実際にD2DでBMRを行うシーンを動画で公開しています。物理で戻す操作ですが仮想でもD2Dは同じ操作です。併せてご覧ください。

ARCserveオンラインデモ集
http://arcserve.com/jp/products/online-demo.aspx
ページの「CA ARCserve D2D ベアメタル復旧(BMR)編 」(↓)です。
http://arcserve.com/Images/ShockwaveFlash/asd2d_r15_bmr_jp_241602.swf

|

« Replication とBackupの連携による簡単バックアップ | トップページ | OSメディア無しでもサーバを丸ごと復旧できる!?その秘訣。 »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/52512234

この記事へのトラックバック一覧です: 物理サーバから仮想サーバへのサーバ移行ツールとしても大活躍:

« Replication とBackupの連携による簡単バックアップ | トップページ | OSメディア無しでもサーバを丸ごと復旧できる!?その秘訣。 »