« VMware環境をホスト単位で丸ごとバックアップするための「3ステップ」 | トップページ | ESX5.0サポート、始めました »

2011年10月18日 (火)

ARCserve RHA r16 新機能紹介 ~ レプリケーション中の通信の暗号化機能 (1/2) ~

マサオミです。ちょっと遅くなってしまいましたがTech Tuesdayを始めます!

+-----+-----+---ちょっと宣伝----+-----+-----+ 

バーチャルイベント 【ARCserve Days 2011】   
~ クラウドを活用したバックアップのトレンドを探る ~    
会期 : 2011年9月13日~10月31日    
申込 : http://www.itmedia.co.jp/enterprise/info/itmexpo/2011/zone6.html

今すぐご参加ください!ARCserve技術者とチャットで質問できるイベントも開催してます♪ 

+-----+-----+-----宣伝終了----+-----+-----+

 

さて、前回まではクラウド(Amazon EC2)環境へのレプリケーションについて    
説明させていただきましたが、今日は「暗号化機能」について   
解説させていただきます。 

======== r16 新機能目次 ========

① クラウド環境(Amazon EC2)へのレプリケーション その1  その2    
② レプリケーション中の通信の暗号化機能 その1 (←本日はここ) その2   
③ カスタムアプリケーション保護機能強化 その1 その2   
シナリオ実行中のプロパティ変更    
レプリケーション用IPアドレスと管理用IPアドレスの設定    
その他改良および修正点 

==============================

暗号化機能を有効にするとこんな感じの画面になります。 

Enryption_Image

小さな鍵マークが出てきて「暗号化されてるぞ!」というのが   
ものすごく強調される仕組みになっております。(笑)

r15より以前は転送するデータはすべてそのまま流れていました。

ただ、金融業界などのお客様から出てくる要件などでは    
社内ネットワークであってもデータは暗号化して送ること、    
などのルールが設けられていることもあり、導入する製品にも    
それらが求められたりします。r15までですと残念ながら    
暗号化機能が付いていなかったので、そういったお客様の要望に    
お答えすることができませんでした。

また、WANを越える際に暗号化要件があるならば    
別途VPNで暗号化してください、とご案内していました。    
(転送する際にチャンクサイズに分割して送っていたりするので    
余程ARCserve RHAに詳しくないとデータの復元はできないと思うんですけどね)

image 

r16からはARCserve RHAがSSLの仕組みを使って、通信を暗号化するので   
より安全にデータを転送できるようになりました。

image 

先ほど書きました通り、暗号化が必須の要件だったり、   
インターネットを介してクラウド環境にアクセスする際に必要だったりと    
活躍する機会は多いのではないかと思います。

   

暗号化機能の設定の仕方やよく聞かれる質問については   
次回のTech Tuesdayで記事にしたいと思います。

 

今回はちょっと短いですが、「暗号化できるようになりました!」ということを   
ご認識いただければ幸いです。 

それでは See you in next TT . . .

|

« VMware環境をホスト単位で丸ごとバックアップするための「3ステップ」 | トップページ | ESX5.0サポート、始めました »

技術情報」カテゴリの記事

製品について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/53024904

この記事へのトラックバック一覧です: ARCserve RHA r16 新機能紹介 ~ レプリケーション中の通信の暗号化機能 (1/2) ~:

« VMware環境をホスト単位で丸ごとバックアップするための「3ステップ」 | トップページ | ESX5.0サポート、始めました »