« ARCserve RHA r16 新機能紹介 ~ クラウドへレプリケーション(2/2) ~ | トップページ | ARCserve RHA r16 新機能紹介 ~ レプリケーション中の通信の暗号化機能 (1/2) ~ »

2011年10月14日 (金)

VMware環境をホスト単位で丸ごとバックアップするための「3ステップ」

Koichiです。

今回は、システム全体を丸ごとバックアップするのに長けた「D2D」の方の話題です。

VMware環境をホスト単位で丸ごとバックアップを希望する場合、

D2D r16で追加された「Host-Based VM Backup」がお奨めです。

しかも、仮想保護で要望の多い、

・エージェントレス
・仮想マシン単位・ファイル単位での復旧
・増分バックアップ

の3大要件も実現します。

Vm_backup

この「Host-Based VM Backup」の構築は、なんとわかりやすい3ステップ。

具体的には、

STEP1 バックアップ プロキシに製品を導入

STEP2 バックアップ対象のノードを追加
 ※仮想マシンへの製品インストールは不要!

STEP3 ポリシーの作成と割り当て

です。

構築方法を紹介した資料が公開されています。こちらもどうぞご覧ください。

『CA ARCserve Central Host-Based VM Backup 構築ステップ ガイド』

http://www.arcserve.com/~/media/files/technicaldocuments/hbvb_r16_imp_guide.aspx

--------------

[2016年3月24日追記]

Arcserve D2D の後継製品である、Arcserve UDP でももちろん仮想マシンのエージェントレス バックアップができます。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

Arcserve UDP 機能紹介 ~ (7) 仮想マシンのエージェントレス バックアップ ~

--------------

|

« ARCserve RHA r16 新機能紹介 ~ クラウドへレプリケーション(2/2) ~ | トップページ | ARCserve RHA r16 新機能紹介 ~ レプリケーション中の通信の暗号化機能 (1/2) ~ »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/52988463

この記事へのトラックバック一覧です: VMware環境をホスト単位で丸ごとバックアップするための「3ステップ」:

« ARCserve RHA r16 新機能紹介 ~ クラウドへレプリケーション(2/2) ~ | トップページ | ARCserve RHA r16 新機能紹介 ~ レプリケーション中の通信の暗号化機能 (1/2) ~ »