« データ複製だけ。から発展。さらに突っ込んだ安全確実な業務の継続を。 | トップページ | 勘定奉行V ERP x ARCserve RHA ガイド公開! »

2012年3月 6日 (火)

ARCserve RHA r16 新機能紹介 ~シナリオ実行中のプロパティ変更~

マサオミです。   
東京は今日久しぶりに10度を越えたそうです。   
大分暖かくなってきましたね。寒いのが苦手な私からすると   
非常にありがたいことです。

さて本日のTech Tuesdayは「④ シナリオ実行中のプロパティ変更」の内容を   
解説させていただこうと思います。 

======== r16 新機能目次 ========

① クラウド環境(Amazon EC2)へのレプリケーション その1 その2   
② レプリケーション中の通信の暗号化機能 その1 その2   
③ カスタムアプリケーション保護機能強化 その1 その2   
シナリオ実行中のプロパティ変更 (←本日はここ)   
レプリケーション用IPアドレスと管理用IPアドレスの設定   
その他改良および修正点 

==============================

ARCserve RHAのプロパティはシナリオを停止しなければ   
変更することができない、というのがr15までの仕様でした。 

しかし、ちょっとした変更をしたいと思っても、その都度シナリオを   
停止しなければならないとなると、非常に億劫になります。   
と、いうのもシナリオを停止すれば、次回シナリオを開始する際に   
「同期」を行わなければならないからです。

通知先のメールアドレスを間違えてしまった、   
帯域制御を設定したが制限値をもう少し緩くしたい、   
という状況になったときに、何とかシナリオを止めずに   
設定を変更できないものか、とよくご相談をいただいておりました。 

お待たせいたしました。r16でようやく実現されました!

すべてではなのですが、シナリオ実行中にプロパティの変更が   
行えるようになった、というのがr16の新機能の1つです。

image 

これまで特に要望の多かった項目を対象としています。   
例えばスプールの場所もシナリオ実行中に変更することができます。

image 

変更できるプロパティは背景が白色になっています。   
変更できないプロパティは引き続きグレーアウトしています。

シナリオを実行中に変更を行うと、シナリオ名の左隣にあるアイコンが   
image から image に変わります。 

この状態でシナリオの保存ボタンを押すと、ポップアップメッセージが上り   
変更する内容の確認などを行うことができます。   
問題なければ「適用」を押すことで変更した内容を反映させることができます。

image 

スプールの場所を変更した際、まだジャーナルファイルなどが残っていれば   
転送しきるまでは古い場所を使いますが、その間に入ってくる変更は   
新しい場所を使うという一時的に2つの場所を同時に利用する形となります。

変更が無事適用されるとイベントに   
「シナリオ プロパティは実行中に正常に変更されました」   
というメッセージが出力されます。 

image

この変更はどちらかと言うと構築やサポートをされる立場の方に   
特に有用な機能なのではないでしょうか。構築を行った後、   
ちょっとした修正が必要になったときも便利かと思います。 

 

いかがでしたでしょうか。より便利になってきているARCserve RHAを   
実感いただけたのではないでしょうか。

それでは今回はここまで。   
See you in next TT . . .

|

« データ複製だけ。から発展。さらに突っ込んだ安全確実な業務の継続を。 | トップページ | 勘定奉行V ERP x ARCserve RHA ガイド公開! »

技術情報」カテゴリの記事

製品について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/54158377

この記事へのトラックバック一覧です: ARCserve RHA r16 新機能紹介 ~シナリオ実行中のプロパティ変更~:

« データ複製だけ。から発展。さらに突っ込んだ安全確実な業務の継続を。 | トップページ | 勘定奉行V ERP x ARCserve RHA ガイド公開! »