« ARCserve RHAからメールを受け取る!(2/3) | トップページ | NICを複数搭載して、Replication専用回線を設定可能? »

2012年5月31日 (木)

メルマガコラム再掲 フルと増分を組み合わせたスケジュールへの変更方法

シュンスケです。

だいぶご無沙汰していますね。今週からARCserveのメルマガで執筆しているコラムをこちらのブログで再掲していきます。メルマガでは文字だけで少し分かりづらかったポイントも、ブログではスクリーンショットを交えてご紹介していきます。

今回は2010年12月1日/2011年6月15日に配信したメルマガから「フルと増分を組み合わせたスケジュールへの変更方法」を紹介します。

D2Dではスケジュールされた時間に、初回のみフル バックアップを行い、以降は1日1回、増分バックアップを行うのがデフォルトの運用となります。
でも、運用が始まった後に「やっぱり2週に1回はフル バックアップを取っておきたい!」なんて要望があるかもしれませんよね?
今回はそんな要件に合わせて、フルと増分を組み合わせたスケジュールに変更する方法をご紹介します。

まず「バックアップ設定」―「スケジュール」から、フル・増分それぞれのバックアップを「繰り返し実行する」に設定します。
次に、増分バックアップの一定間隔を1日、フル バックアップの一定間隔を14日に設定します。

Photo_4

ここで重要なのがスケジュールの「開始日」です。
デフォルトではD2Dをインストールしてから、最初にログインした日時が設定されています。
例えば、新たなフル バックアップを次の日曜日から実行したい場合、次の日曜日を「開始日」に設定してしまうと…?
そうです。次の日曜日までの増分バックアップが実行されなくなってしまいます。

こんな時は開始日を“先々週の日曜日”に設定します。
これによってD2Dは新しいスケジュールを“先々週の日曜日”から開始した事にして、次の日曜日までの毎日の増分バックアップを実行してくれます。
もちろん次の日曜日には、開始日から2週間経つことになるので、2週に1回のフル バックアップが実行されます。

|

« ARCserve RHAからメールを受け取る!(2/3) | トップページ | NICを複数搭載して、Replication専用回線を設定可能? »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

メルマガコラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/54844905

この記事へのトラックバック一覧です: メルマガコラム再掲 フルと増分を組み合わせたスケジュールへの変更方法:

« ARCserve RHAからメールを受け取る!(2/3) | トップページ | NICを複数搭載して、Replication専用回線を設定可能? »