« 本の「目次」はなぜ分かり易い!?:ARCserve関連 | トップページ | ARCserve RHAからメールを受け取る! (1/3) »

2012年5月18日 (金)

「従来型」の弱点を克服した、新しいエージェントレス(仮想環境のバックアップ)

Koichiです。

本日、大阪で開催のセミナーがご好評につき満席です!

セミナーの詳細はこちら。
>> 実は簡単!低予算で始められるVMware仮想環境のバックアップと業務継続

こちらのセミナーでは、Host-Based VM Backupの特徴を踏まえ、「エージェントレスで実現するVMware環境のバックアップ」を設計のヒントから運用手順までを導入事例を交えてご紹介しています。

6月には名古屋東京で開催します!!

◆Host-Based VM Backupの特徴
Hbvb1


今回のブログでは、セミナーでご紹介する内容のなかから、Host-Based VM Backupを使って「バックアップした仮想マシンからファイル単位でリストアする方法を簡単にご案内します。

ファイル単位で戻す場合、作業は4ステップです!

ステップ1.ノードを選択
ステップ2.リストア方法(ファイル単位で戻すこと)を選択
ステップ3.戻すフィアルを選択
ステップ4.戻す場所の指定。

たったこれだけ。
実際の画面ショットはこちらです。

ステップ1.ノードを選択(リストア対象のファイルが入っているノードを選択)

Hbvb3_2


ステップ2.リストア方法を選択(※)。

※ファイル単位で戻す、仮想マシン全体を戻すの選択が可能。ここではファイル単位で戻すため復旧ポイントの参照をクリックする。


Hbvb4


ステップ3.戻すファイルを選択。

Hbvb5


ステップ4.戻す場所(リストア先)を選択。

Hbvb6


以上になります。他にも仮想マシンの丸ごと復旧など、いろいろなデモンストレーションをセミナーでは行います。

セミナーの詳細はこちら。
>> 実は簡単!低予算で始められるVMware仮想環境のバックアップと業務継続

|

« 本の「目次」はなぜ分かり易い!?:ARCserve関連 | トップページ | ARCserve RHAからメールを受け取る! (1/3) »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/54738530

この記事へのトラックバック一覧です: 「従来型」の弱点を克服した、新しいエージェントレス(仮想環境のバックアップ):

« 本の「目次」はなぜ分かり易い!?:ARCserve関連 | トップページ | ARCserve RHAからメールを受け取る! (1/3) »