« メルマガコラム再掲 論理パーティションへのバックアップ | トップページ | 改めて・・・Hyper-Vのレプリカを作る! »

2012年6月 8日 (金)

ARCserve D2Dのここがすごい!(PART1)

鉄道大好き、エヌエスです。

今回は、「ARCserve D2Dのここがすごい!」と題し、
シリーズに分けて、ARCserve D2Dの良さをお伝えしたいと思います。

まず今回は、PART1をお届けします。

ARCserve D2Dのここがすごい!(PART 1)

「フルバックアップは最初の1回だけでOK!」


さて、フルバックアップは最初の1回だけでOKとは
いったい、どういうことでしょうか?


通常、バックアップソフトウェアでは、
最低でも週1回はフルバックアップを行い、
残りの曜日は
差分/増分バックアップを行うのが一般的です。

しかし、ARCserve D2Dでは、I2 テクノロジという独自技術を用いることで、
初回のフルバックアップは1回だけ。以降は変更された増分データだけを
ブロックレベルで検出してバックアップを行うことが可能です。

これにより、バックアップ対象データ量によって、
長時間かかるフルバックアップを頻繁に行う必要がなく、
増分バックアップも含め、効率的に高速なバックアップが実現可能です。

なお、増分バックアップは、復旧ポイントを設定することで、
任意の世代数を保持することができる為、より直近のデータから
リストアすることができます。
また、バックアップ先の最大ディスク使用量に応じ、
復旧ポイントを設定できる為、
バックアップ先のストレージの容量も少なくて済みます。

(詳細は、以下の図を参照)
D2d_
いかがでしょうか。
少しでも、ARCserve D2Dの良さが伝わりましたでしょうか。

引き続き、PART2PART3ARCserve D2Dの素晴らしさを
お伝えしたいと思います。


さて、東京メトロ銀座線に新型車両1000系がデビューしました。
もう乗られた方はいらっしゃいますか?

銀座線開業当時のレモンイエローの車体に目が行きがちですが、
実は台車(車輪)に隠れた新技術があるのご存じでしょうか。

通常、車輪は線路を沿って走る為、カーブでは軋み音が鳴り、
カーブの多い銀座線では、車輪が早く減ってしまいます。
そこで、新型車両1000系では、台車をコンピュータで制御し、
台車自らを線路に合わせて動かすことで、軋み音や減りを軽減しているのです。

是非、今後乗られる機会がありましたら、
隠れた新技術を体感してみてください。

|

« メルマガコラム再掲 論理パーティションへのバックアップ | トップページ | 改めて・・・Hyper-Vのレプリカを作る! »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/54899564

この記事へのトラックバック一覧です: ARCserve D2Dのここがすごい!(PART1):

« メルマガコラム再掲 論理パーティションへのバックアップ | トップページ | 改めて・・・Hyper-Vのレプリカを作る! »