« ARCserve RHAからメールを受け取る!(3/3) | トップページ | ARCserve D2Dのここがすごい!(PART1) »

2012年6月 7日 (木)

メルマガコラム再掲 論理パーティションへのバックアップ

シュンスケです。

今週もARCserveのメルマガで執筆しているコラムを再掲します。
今回は2010年12月15日/2011年7月5日に配信したメルマガから「論理パーティションへのバックアップ」を紹介します。

さて、お客様から「ディスクが1つしかないサーバでもバックアップできますか?」という質問をよくいただきます。そこで今回は、ディスクが1つしかない環境でのローカル バックアップに関するお話です。

1本のディスクをCドライブとDドライブのようにパーティション分割した環境でも、D2DではCドライブをDドライブにバックアップする設定が可能です。今すぐディスク増設やリモート共有を準備できない場合でもD2Dによるバックアップ運用を開始することができます。
しかし、不測の事態に備えるのがバックアップですから、ディスク障害も想定する必要があります。障害によってディスクがアクセス不能になった場合には、バックアップ元も先も同時に損失してしまうことになってしまいます。

このような事態を避けるためにも、ディスク1本での運用は一時的な運用と割り切って、なるべく早くディスクの増設や、リモート共有を利用した運用に切り替えることをお勧めします。D2Dなら運用中でもバックアップ先の変更が簡単に行えます。
というわけで、次回からはバックアップ先の変更方法を3回に分けて説明していきます。

|

« ARCserve RHAからメールを受け取る!(3/3) | トップページ | ARCserve D2Dのここがすごい!(PART1) »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

メルマガコラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/54898656

この記事へのトラックバック一覧です: メルマガコラム再掲 論理パーティションへのバックアップ:

« ARCserve RHAからメールを受け取る!(3/3) | トップページ | ARCserve D2Dのここがすごい!(PART1) »