« お役立ちリンク集 | トップページ | コラム:バックアップデータの世代管理はなぜ必要? »

2012年7月12日 (木)

メルマガコラム再掲 ARCserve D2D r16の新機能

シュンスケです。

今週もARCserveのメルマガで執筆しているコラムを再掲します。
今回は2011年10月5日に配信したメルマガから「ついに出た!ARCserve D2D r16の新機能」を紹介します。

1. クラウドへのファイル移動/コピー機能
バックアップ後にファイルをクラウド上や共有フォルダに移動、またはコピーする機能です。
「移動」を行う事でファイルサーバのダイエットを、「コピー」を行う事でデータ保護の強化を図ることができます。対象とするファイルは拡張子の他、そのファイルへのアクセス頻度など詳細に設定する事ができます。

2. vSphere環境のホストベース バックアップ機能
vSphere環境の仮想マシンをエージェントレス(製品を仮想マシン上にインストールしない構成)でホスト側からバックアップする機能です。
エージェントレスでありながら、ファイル単位での復旧の他、Microsoft SQLやMicrosoft Exchangeのデータベース単位の復旧(ファイルダンプ)、CBTを使った増分バックアップをARCserve D2Dの簡単なUI操作で行えます。
ARCserve D2DとARCserve Central Host-Based VM Backupを併用します。

3. 集中管理機能
ARCserve D2D r16のリモート インストールやポリシー(バックアップ設定)の配布、またバックアップの成否やCPU・ネットワークの使用率といったDashboard情報の収集を行う機能です。
一元管理によるバックアップ環境の効率化、導入作業の負担削減を図ることができます。
ARCserve D2D r16をお使いのユーザ様に無償提供される、ARCserve Central Protection ManagerとARCserve Central Reportingを併用します。

|

« お役立ちリンク集 | トップページ | コラム:バックアップデータの世代管理はなぜ必要? »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

メルマガコラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/55179717

この記事へのトラックバック一覧です: メルマガコラム再掲 ARCserve D2D r16の新機能:

« お役立ちリンク集 | トップページ | コラム:バックアップデータの世代管理はなぜ必要? »