« ARCserve RHA r16 SP2 新機能 ~ネットワークアドレス変換(NAT)に対応(1/2) | トップページ | ARCserve RHA r16 SP2 新機能 ~ネットワークアドレス変換(NAT)に対応(2/2) »

2012年8月24日 (金)

ARCserve D2Dで簡単!Active Directory環境のバックアップ/リストア

鉄道大好き、エヌエスです。

ARCserve D2Dのよくあるお問合せの中で、
Active Directoryのドメインコントローラーをバックアップできますか?」
とのご質問があります。

ドメインコントローラサーバが物理的に壊れた場合や、
誤操作でActive Directory データベースを壊してしまった場合の復旧は、
ファイルサーバやデータベースサーバの復旧比べ、
復旧手順が複雑で難しいのでは?という印象を持たれている方も多いかと思います。

でも、大丈夫!
ドメインコントローラサーバが物理的に壊れてしまった場合にも
ARCserve D2Dのベアメタル復旧を行うことで、簡単に復旧できます。

なお、ARCserve D2Dのベアメタル復旧では、
Active Directory データベース・ファイルの
「権限のないリストア(non-authoritative restore)」をサポートします。

詳しくは、以下の技術情報をご参考ください。

ARCserve D2D による Active Directory ドメイン コントローラの保護について
https://arcserve.zendesk.com/hc/ja/articles/202184609

Active Directory
のドメインコントローラーの保護を検討されている方は、
是非、一度、ご参考ください。

 

[2015年4月8日追記]
------------------------

Arcserve D2D の後継製品である Arcserve UDP v5 Update 2 から
権限のあるリストア(authoritative Restore)や、
ユーザーアカウントなどのオブジェクト単位のリストアができるようになりました。

それぞれの方法がマニュアルに詳しく書いてありますので、
ご興味のある方は是非ご覧ください!

BMR の後に Active Directory の Authoritative Restore を実行する方法

Active Directory をリストアする方法

------------------------




さて、最後に、好評の鉄道トリビアを1つ。

ARCserve D2D Workstation Edition では、WindowsXPWindows Vista/7といった
クライアントPCのバックアップが可能ですが、
上野動物園モノレールの運転台にある
メーター表示システムには、
WindowsXPが使われているそうです。

メーター表示システムがWindowsXPベースとは面白いですね!
上野動物園に立ち寄った際は、是非、実物を見てみようと思います。

|

« ARCserve RHA r16 SP2 新機能 ~ネットワークアドレス変換(NAT)に対応(1/2) | トップページ | ARCserve RHA r16 SP2 新機能 ~ネットワークアドレス変換(NAT)に対応(2/2) »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/55497088

この記事へのトラックバック一覧です: ARCserve D2Dで簡単!Active Directory環境のバックアップ/リストア:

« ARCserve RHA r16 SP2 新機能 ~ネットワークアドレス変換(NAT)に対応(1/2) | トップページ | ARCserve RHA r16 SP2 新機能 ~ネットワークアドレス変換(NAT)に対応(2/2) »