« ARCserve RHA r16 SP2 新機能 ~ワークグループ環境でのアクセス権(ACL)の複製 (1/2) ~ | トップページ | Windows 8/Windows Server 2012 対応予定を公開! »

2012年9月 7日 (金)

毎日1回バックアップで31日間の「31世代」を確保する方法

「復旧ポイント」という言葉をご存知でしょうか?

ARCserveのイメージ・バックアップソフト「ARCserve D2D」では、
「バックアップの世代」を「復旧ポイント」と呼んでいます。

つまり

復旧ポイント(数)=バックアップの世代(数)

です。

復旧ポイントの数を指定する場合、D2Dの「保護設定」画面の「復旧ポイント」に数字を入れて指定します。

D2d

簡単ですね。

毎日1回バックアップで1週間の7世代を確保する場合は、ここの数字は「7」となります。
毎日1回バックアップで31日の31世代を確保しておきたい場合は、「31」となります。

バックアップデータからファイルをリストア(戻す)場合は、この復旧ポイントから戻しますので、
毎日1回バックアップで31世代を確保している場合は、過去31日間のうち、任意の日のバックアップデータからファイルをリストアすることができます。

それでは、最大でどのくらいバックアップ世代を持てるのでしょうか?

それは、1344 です!!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<ARCserve D2D FAQ>
Q.復旧ポイントの保持数はいくつまで指定できますか?
A.1344 です。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

復旧ポイント数を1344に指定した場合、毎日のバックアップでも1344日分になります。

なんと、
毎日1回のバックアップを行ったとしても
4年と8か月のバックアップデータを確保できることになります。

頼もしいですね!

なお、この場合はHDDの空き容量が足りなくならないようご注意ください。

ちなみに、バックアップの間隔を「2日に1回バックアップ」にすれば、復旧ポイント数を1344にすることで、2倍の年月分を確保することできます。

以上、Koichiがお伝えしました。
facebookもよろしくお願いします!!!

<ARCserve 公式 facebook ページ>

|

« ARCserve RHA r16 SP2 新機能 ~ワークグループ環境でのアクセス権(ACL)の複製 (1/2) ~ | トップページ | Windows 8/Windows Server 2012 対応予定を公開! »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/55601602

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日1回バックアップで31日間の「31世代」を確保する方法:

« ARCserve RHA r16 SP2 新機能 ~ワークグループ環境でのアクセス権(ACL)の複製 (1/2) ~ | トップページ | Windows 8/Windows Server 2012 対応予定を公開! »