« ARCserveの新認定制度、始まる! | トップページ | ARCserve D2D 動作要件更新!、それと、VMware仮想環境のエージェントレスバックアップ »

2012年11月23日 (金)

どんなNASにもバックアップできるの?!キーワードは「柔軟性」

鉄道大好き、エヌエスです。

ARCserve D2Dで、

NASへバックアップすることはできますか?」
「バックアップ先として対応するNASの機種はどの機種ですか?」

とのお問合せをよくいただきます。

ARCserve D2Dは、外付けハードディスクだけでなく、
NASやネットワーク上のWindowsサーバのディスクを
バックアップ先として利用することが可能です。

また、NASについては、WindowsOS搭載のNASはもちろんのこと、
CIFS共有でフルコントロール権限でのアクセス可能なNASであれば、
Linux/UNIXベースのNASも利用することが可能です。
その為、上記条件を満たすNASであれば、NASの機種は問いません。

[参考情報]
■バックアップ先、バックアップ元(ソース)としてサポートされるディスクについて
http://www.casupport.jp/resources/D2D15win/tec/024010003.htm


さて、「機種を問わず」つながりで・・・。

私の大好きな京浜急行では、800形を除く、すべての先頭車両に、
仕様が統一された密着連結器が装備されている為、形式(機種)を問わず、
異なる形式の車両同士が連結でき、形式の違いによる制約を受けずに、
分割/併合による柔軟な運行を実現しています。

|

« ARCserveの新認定制度、始まる! | トップページ | ARCserve D2D 動作要件更新!、それと、VMware仮想環境のエージェントレスバックアップ »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/56168656

この記事へのトラックバック一覧です: どんなNASにもバックアップできるの?!キーワードは「柔軟性」:

« ARCserveの新認定制度、始まる! | トップページ | ARCserve D2D 動作要件更新!、それと、VMware仮想環境のエージェントレスバックアップ »