« VPNだと転送が遅い…という時に。マルチストリーミング機能で高速レプリケーション! | トップページ | 簡単まとめ:D2D のクライアントOSバックアップ用「Workstation Editon」 »

2013年1月24日 (木)

メルマガコラム再掲 アプリケーションを止めてからバックアップしたい!

シュンスケです。
今週もARCserveのメルマガで執筆しているコラムを再掲します。
今回は2012年7月18日に配信したメルマガから「アプリケーションを止めてからバックアップしたい!」を紹介します。

さて、先日イベント会場でD2Dをご紹介したお客様から「D2Dはバックアップ開始前にコマンドを実行させる事ができますか?」というご質問を頂きました。
具体的には、バックアップ開始前にアプリケーション(サービス)を停止してからバックアップを取りたい、というご要望があり、現在使用されているバックアップ製品でも設定画面でアプリケーションを停止するコマンドを指定されている、という事でした。

もちろん、D2Dはバックアップ開始前にコマンドを実行する事ができるので、「アプリケーションを停止してバックアップ」というご要望にお応えする事ができます。またバックアップ開始前に加え、バックアップ完了後はもちろんの事、「スナップショットの取得後」にもコマンドを実行する事ができます。

Ws000000

従来、「アプリケーションを停止してバックアップ」という運用ではバックアップが完了するまでアプリケーションを停止するのがあたりまえでした。増分バックアップなど、バックアップのデータ量が小さければアプリケーションの停止時間は短く済みますが、フルバックアップのようにバックアップのデータ量が大きくなる場合にはアプリケーションの停止時間が長くなってしまうという欠点があります。

D2Dはスナップショットを利用してバックアップを行うため、バックアップが完了するまでアプリケーションを停止しておく必要はありません。「スナップショットの取得後」にアプリケーションを再開させるコマンドを実行する事で、たとえフルバックアップを行う場合でもアプリケーションの停止時間を短く抑えることができます。

D2Dの無償ハンズオン トレーニングでは実機を使って、このスナップショットを使ったバックアップの他、マシン全体の復旧などをお試し頂けます。是非ご参加ください!

--------------------------------
[2013年8月14日追記]

ARCserve D2D Advanced Edition を使えば、Microsoft SQL Server / Exchange Server / Hyper-V 仮想マシンについては止めずに(オンラインで)バックアップできます。

これらのアプリケーションをご利用の場合は是非Advanced Editionをお求めください!

--------------------------------

|

« VPNだと転送が遅い…という時に。マルチストリーミング機能で高速レプリケーション! | トップページ | 簡単まとめ:D2D のクライアントOSバックアップ用「Workstation Editon」 »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

メルマガコラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/56411438

この記事へのトラックバック一覧です: メルマガコラム再掲 アプリケーションを止めてからバックアップしたい!:

« VPNだと転送が遅い…という時に。マルチストリーミング機能で高速レプリケーション! | トップページ | 簡単まとめ:D2D のクライアントOSバックアップ用「Workstation Editon」 »