« 「ハンズオンセミナーが受けれない!」そんな方に是非知っていただきたい! | トップページ | ARCserve Replication、ARCserve D2D の納期を短縮(BOX with Maintenance) »

2013年1月17日 (木)

メルマガコラム再掲 クラウドを利用したバックアップ

シュンスケです。
今週もARCserveのメルマガで執筆しているコラムを再掲します。
今回は2012年7月4日に配信したメルマガから「クラウドを利用したバックアップ」を紹介します。

一言に「クラウドにバックアップする」と言っても、そのやり方や何をバックアップするかは千差万別です。クラウドに直接バックアップする方法、一度ローカルにバックアップしたものを転送する方法。システムバックアップを保存するのか、データバックアップなのか。
いずれにしてもただクラウドを利用できればよいのではなく、「クラウドにバックアップを置く意味」が重要です。

D2Dのバックアップ先にクラウドを利用する場合には、大きく2通りの使い道が考えられます
1. イメージバックアップの保存先
2. ファイルコピーの保存先

クラウドにイメージバックアップを保存する意味は、クラウド上のマシンにローカル環境のOSやアプリケーションを含めて復元する事ができる、という点にあります。また同じクラウドを利用できる他の拠点でイメージバックアップをダウンロードすれば、その拠点で元のサーバを復元する事もできます。

イメージバックアップの保存先として利用するクラウドは、D2Dのインストールされたマシンから共有フォルダとしてアクセスできる必要があります。クラウドストレージによっては専用のアプリケーションやAPIを使ってアクセスする必要があるものもありますが、それらのストレージを利用する場合には一度ローカルに保存したイメージバックアップを手動で転送するなど工夫が必要です。

またデータ量が多い、ネットワーク回線が細い、あるいは回線品質が低いといった場合には、クラウドに直接バックアップを行う構成はおすすめできません。例えば夜間のバックアップ時間にバックアップが終わらなかったり、バックアップ中の回線障害によってバックアップがエラーになったりするリスクが考えられます。
このような環境ではARCserve Replicationと併用する事を検討してみましょう。
<システム丸ごと!後付けできるサーバの災害対策>
http://arcserve.com/jp/wp-content/uploads/2017/02/asrha-d2d-integration-wp.pdf
※リンクをUpdate(2017/04/04)

ファイルコピーでは、イメージバックアップそのものと比較して容量の小さいファイル単位で回線負荷を抑えたバックアップができます。
ただしあくまでファイル単位のバックアップなので、OSやアプリケーションといったシステムを復旧する用途ではなく、データバックアップとして使われます。重要なOfficeデータなどをローカル環境以外にクラウド上にも二重化する事で、離れた拠点からでもD2Dがインストールされたマシンがあれば、必要なファイルをすぐにリストアする事ができます。

D2Dではファイルコピーの保存先に共有フォルダはもちろん、Windows AzureやAmazon S3といったパブリッククラウドを使用する事ができます。ファイルコピーではこれらのパブリッククラウドに専用のAPIを使って接続できるので、共有フォルダとしてアクセスできる必要はありません。

クラウドも有効利用できるD2D、是非お試しください!

------ Facebook ページ も よろしく! -------

|

« 「ハンズオンセミナーが受けれない!」そんな方に是非知っていただきたい! | トップページ | ARCserve Replication、ARCserve D2D の納期を短縮(BOX with Maintenance) »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

メルマガコラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/56411425

この記事へのトラックバック一覧です: メルマガコラム再掲 クラウドを利用したバックアップ:

« 「ハンズオンセミナーが受けれない!」そんな方に是非知っていただきたい! | トップページ | ARCserve Replication、ARCserve D2D の納期を短縮(BOX with Maintenance) »