« Microsoft Windows 2012 /Windows 8 対応について | トップページ | おさらい:「ARCserve Replication」と「High Availability」の違いとは? »

2013年2月19日 (火)

ファイルサーバにアクセスできなくなる??

こんにちは、ホテです。

2月ももう半ば、年度末に向けてARCserve Replication/HAの導入作業についての
お問い合わせをいただく事が多くなってきました。

その中で、
「シナリオを始めると共有フォルダにアクセスできなくなる」
「同期中にマスタサーバのファイルを開けない」
というお問い合わせをいただく事がありました。

原因はいろいろ考えられますが、この手の状況に陥った時には、
まず、ブロックレベル同期を行っていないかご確認ください。

ご存じのとおり、ARCserve Replication/HAはシナリオを開始する際に、
マスタとレプリカのデータを一致させるために「同期」と呼ばれる処理を行います。

そして、ARCserve Replication/HA r16 SP1以前のバージョンでは、
このブロックレベル同期の際にデータの整合性を合わせるため、
一時的にマスタサーバの更新をフリーズさせます。

ファイルが少ない環境ではこのフリーズ処理は一瞬で終わるのですが、
間違ってファイル数の多いファイルサーバなどでブロックレベル同期を行うと、
フリーズ処理が長々続いてしまう、というわけです。

※ 詳しくはこちらの技術情報をご覧ください。

・ブロック レベル同期をファイル サーバで使う場合の影響について
https://arcserve.zendesk.com/hc/ja/articles/202910335

ちなみに、ここでブロックレベルと言っているのはあくまで「同期」の話です。
「同期」はシナリオを始める時にだけ行われ、
「同期」が完了したら「レプリケーション」によって継続的にデータの変更処理が複製されます。

なので、ここで同期の方法を「ファイルレベル」に変更したからと言って、
データに変更がある度にファイルが丸ごとレプリケーションされるようになる、
というわけではありませんのでご安心ください。

|

« Microsoft Windows 2012 /Windows 8 対応について | トップページ | おさらい:「ARCserve Replication」と「High Availability」の違いとは? »

技術情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/56791801

この記事へのトラックバック一覧です: ファイルサーバにアクセスできなくなる??:

« Microsoft Windows 2012 /Windows 8 対応について | トップページ | おさらい:「ARCserve Replication」と「High Availability」の違いとは? »