« 遠隔地サーバ復旧の工数を削減!その秘訣とは!? | トップページ | バックアップ時、データベースを止める手間に苦労していませんか? »

2013年4月23日 (火)

ARCserve RHA r16.5 新機能 ~ SMTP認証対応

マサオミです。

さて、本日のTech Tuesdayは「SMTP認証対応」です。
(ギリギリになってしまってすみません)

=======  r16.5 新機能目次  =======

Windows Server 2012 対応
Hyper-V シナリオのWAN対応強化
VMware vSphereのバックアップデータのレプリケーション ~ Host-Based VM Backup 連携 ~
リモートサイトで仮想マシンの自動起動 ~ Virtual Standby 連携 ~
VMware vCenter Serverの冗長化 ~ vCenter Serverシナリオのサポート ~
SMTP認証対応 (←本日はここ)    
⑦ マルチテナント対応    
⑧ Oracle データベース マルチインスタンス対応    
⑨ レポートのメール添付形式の変更    
⑩ その他の新機能・改善点

==============================

メール通知をする際にSMTP認証が必要なメールサーバも指定できるようになりました。
変な話かもしれないですが、ようやくです。

これまで製品独自ではメール通知の際の認証ができなかったので
通常SMTP認証が必要な社外のメールサービスを使いたいといった場合には
スクリプトを書く必要があり、少々手間がかかっていました。

r16.5からはSMTP認証が必要なサーバであっても
きちんと認証して通知を出すということができるようになりました!

SMTP-AUTH_1

ポート番号は25番以外にも変更できますし、STMP over SSL(STARTTSL)にも対応しています。

設定も簡単で、マネージャ画面の[イベント通知]で[電子メールによる通知]を「オン」にして
[認証設定]の「ここをクリックしてメール認証を設定します」をクリックします。

SMTP-AUTH_2 
(例: シナリオのプロパティでメール通知を設定する場合)

クリックすると[メール認証設定]画面が表示されるので
[認証が必要]にチェックを入れ、必要情報を入れてください。

SMTP-AUTH_3

後はこれまで通りですが、送信者メールアドレスと送信先メールアドレスを指定し、
シナリオを保存して実行します。

外部メールプロバイダのメールアドレスを使いたいと言われると
いままではずっと本ブログの記事などをご案内していました。
RHA r16.5から基本機能でSMTP認証に対応できるようになったので
ようやく全ARCserve製品シリーズの通知方法でSMTP認証に対応していると
言えるようになりました。

<参考> arcserve-KB : Arcserve Backup のイベントを Alert 機能を使用し SMTP 認証環境で通知する方法
https://arcserve.zendesk.com/hc/ja/articles/202188899 
※ARCserve D2D/Central Applicationsは基本機能で対応しています。

是非利用してみてくださいね。

それでは、本日はここまで。
See you in next TT . . .

|

« 遠隔地サーバ復旧の工数を削減!その秘訣とは!? | トップページ | バックアップ時、データベースを止める手間に苦労していませんか? »

技術情報」カテゴリの記事

製品について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/57234169

この記事へのトラックバック一覧です: ARCserve RHA r16.5 新機能 ~ SMTP認証対応:

« 遠隔地サーバ復旧の工数を削減!その秘訣とは!? | トップページ | バックアップ時、データベースを止める手間に苦労していませんか? »