« ARCserve Replication / HA 必要ライセンス数の確認方法(応用編) | トップページ | バックアップ刑事『アーク三郎』シリーズ 2ndシーズン開始! »

2013年6月21日 (金)

D2DでのHyper-V仮想マシンバックアップ 2つの基本構成パターン

鉄道大好き、エヌエスです。

今回は、よくある問い合わせがある
ARCserve D2DでのHyper-V仮想マシンのバックアップについて、
2つの基本的な構成パターンをご紹介します。

【構成パターン1】
Hyper-Vホスト/ゲストごと、Hyper-V環境全体をバックアップ
8
■ Photo:CA ARCserve D2Dライセンスガイド P.161(PDF 9ページ)

この構成では、Hyper-Vホストにだけ、ARCserve D2D Advanced Editionを導入することで、
仮想マシン毎にARCserve D2Dをインストールせずに、
Hyper-V仮想環境全体をバックアップでき、ホストもゲストも一括して、
ベアメタル復旧することが可能です。

なお、仮想マシン上のファイル/フォルダ単位のリストア要件がある場合は、
次の【構成パターン2】をご検討ください。

[2015年3月27日追記]
------------------------

Arcserve D2D の後継製品である Arcserve UDP では
エージェントレスバックアップ でも
Hyper-V仮想マシン上のファイルをリストアできるようになりました。

詳しくは以下の記事をご覧ください!

Hyper-V仮想マシンのエージェントレス バックアップ、2つの方法。

------------------------


【構成パターン2】
仮想マシン個別のバックアップ
D2d_5
■ Photo:CA ARCserve D2Dライセンスガイド P.160(PDF 8ページ)

この構成では、仮想マシンにARCserve D2D Standard/Advanced Editionを導入することで、
仮想マシン単位のサーバ丸ごとのバックアップや、
フォルダ/ファイル単位のリストアが可能です

なお、1ホストにつき、仮想マシンが3台以上の場合は、
同機能を有し、ホスト単位のライセンスでホスト上の仮想マシンの台数が無制限の
D2D Advanced Virtual Edition per Host License を選定ください。

≪参考≫
CA ARCserve D2Dライセンスガイド
http://www.arcserve.com/~/media/Files/TechnicalDocuments/asd2d-r165-licenseguide.pdf


さて、上野-東京駅間で、「東北縦貫線」の工事が佳境を迎えています。
この「東北縦貫線」は、新幹線の線路の上に、在来線の高架を作り、
現在、上野が終着となっている東北/高崎/常磐各線の営業区間を、
東京駅まで延長し、利便性の向上を図るものです。

上野駅付近で見られる 新幹線の高架上に、
在来線の高架を建設する様子は、まさに圧巻です!
ぜひ、付近を通られる際、興味がありましたら、見てみてください。

Mail_footer_2

|

« ARCserve Replication / HA 必要ライセンス数の確認方法(応用編) | トップページ | バックアップ刑事『アーク三郎』シリーズ 2ndシーズン開始! »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/57624057

この記事へのトラックバック一覧です: D2DでのHyper-V仮想マシンバックアップ 2つの基本構成パターン:

« ARCserve Replication / HA 必要ライセンス数の確認方法(応用編) | トップページ | バックアップ刑事『アーク三郎』シリーズ 2ndシーズン開始! »