« [新登場]CA ARCserve D2D r16.5 for Linux ライセンス体系/価格/動作要件 | トップページ | 増え続ける世代数がディスク使用量を圧迫していませんか?バックアップ世代を一定に保つテクノロジのご紹介! »

2013年7月26日 (金)

Linux環境用ARCserve D2D が持つ7つの特長!

先日、リリースされました「CA ARCserve D2D r16.5 for Linux」について、
既に沢山のお問い合わせを頂いており、注目度の高さを感じています。

そこで、今回はどういった特長があるのかをご紹介したいと思います。

7つの特長となる機能

機能1.詳細レベルのリカバリが可能なイメージバックアップ
機能2.ストレージ使用を抑えるブロックレベルの増分バックアップ
機能3.専門知識不要な仮想サーバの保護
機能4.異なるハードウェアにも可能なベアメタル復旧(BMR)
機能5.信頼性の高い暗号化と圧縮
機能6.簡単・手間いらずの環境構築
機能7.Windows版同様の簡単操作による一元管理

これらの機能の詳細はARCserve.comに掲載中です。

>>CA ARCserve D2D for Linux 機能
http://www.arcserve.com/jp/products/ca-arcserve-d2d/ca-arcserve-d2d-l-features-overview.aspx


Linuxサーバのバックアップを考えられている方は、
ぜひ、ARCserve D2D for Linuxをご検討ください。

D2d_linux940_160_2

|

« [新登場]CA ARCserve D2D r16.5 for Linux ライセンス体系/価格/動作要件 | トップページ | 増え続ける世代数がディスク使用量を圧迫していませんか?バックアップ世代を一定に保つテクノロジのご紹介! »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/57862327

この記事へのトラックバック一覧です: Linux環境用ARCserve D2D が持つ7つの特長!:

« [新登場]CA ARCserve D2D r16.5 for Linux ライセンス体系/価格/動作要件 | トップページ | 増え続ける世代数がディスク使用量を圧迫していませんか?バックアップ世代を一定に保つテクノロジのご紹介! »