« ARCserve RHA r16.5 SP1登場!エイリアスを使って簡単切り替え(後編) | トップページ | 転ばぬ先の杖!バックアップデータの世代管理 »

2013年10月10日 (木)

メルマガコラム再掲:ARCserve BackupとD2Dで連携できるって知ってました?

こんにちは、ホテです。
本日は、2013年5月22日に配信されたメルマガのコラムを再掲します。

------------------------------------

さて、古くからのARCserveユーザにはおなじみのARCserve Backup、実はARCserve D2Dと連携できるって知ってましたか?。

例えば既にARCserve Backupをご利用中の方が新しいサーバを導入される、というケース。新しいサーバはイメージバックアップで簡単に保護したいというご要望にはD2Dがお勧めです。ただ、せっかくARCserve Backupを利用中なので、イメージバックアップを他のサーバのバックアップデータと同じように、例えばテープにも保管したいですよね?
そんな時にはARCserve Backupのマネージャからソースの「CA ARCserve D2D サーバ」にD2Dがインストールされたマシンを追加する事で、簡単にD2DのバックアップデータをARCserve Backupのメディアにバックアップできるようになります。

54_integration

(ARCserve D2Dのバックアップデータをさらにテープにバックアップ)

D2Dの設定画面はARCserve Backupのマネージャからも開く事ができます。またリストアマネージャでは元のデータ(D2Dのバックアップ対象データ)をARCserve Backupのメディアからファイル単位で元の場所にリストアを行う事ができるので、ARCserve Backupの画面とD2Dの画面を行ったり来たりする必要はありません。

この他にもARCserveシリーズの連携ライセンスガイドでは、3製品それぞれの組み合わせで連携機能をご紹介しています。是非ご覧ください!
http://www.arcserve.com/~/media/files/TechnicalDocuments/as-r165-license-guide-for-integration.pdf

 

[2017年4月10日追記]
------------------------

Arcserve D2Dの後継製品であるArcserve UDP では Arcserve Backup のライセンスを購入しなくてもテープへの二次バックアップが可能です!

詳しくは以下の記事をご覧ください。

Arcserve UDP 機能紹介 ~ (9) イメージバックアップのテープ保管 ~

Arcserve UDP v6 新機能紹介 ~ (11) テープへの二次バックアップの強化(「テープへのコピー」タスクの追加)

------------------------

|

« ARCserve RHA r16.5 SP1登場!エイリアスを使って簡単切り替え(後編) | トップページ | 転ばぬ先の杖!バックアップデータの世代管理 »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

メルマガコラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/57951490

この記事へのトラックバック一覧です: メルマガコラム再掲:ARCserve BackupとD2Dで連携できるって知ってました?:

« ARCserve RHA r16.5 SP1登場!エイリアスを使って簡単切り替え(後編) | トップページ | 転ばぬ先の杖!バックアップデータの世代管理 »