« 転ばぬ先の杖!バックアップデータの世代管理 | トップページ | 発想の転換~「バックアップが夜のうちに終わらない」の対策 »

2013年10月17日 (木)

メルマガコラム再掲:バックアップ先に必要なディスク容量を見積もる!

こんにちは、ホテです。
本日は、2013年6月19日に配信されたメルマガのコラムを再掲します。

------------------------------------

さて、D2Dの「継続的な増分バックアップ」では定期的なフルバックアップの取り直しが必要ないので、バックアップ先に必要なディスク容量はぐっと少なくなります。しかし、バックアップを保存する先として新規にNASなどを用意する際、どれくらいの容量をサイジングしたらよいのか迷ったりしませんか?

例えばお客様が、31日分(1ヶ月分)のバックアップを保存するという要件を考えているとします。元のサーバのデータ量が1TB(1024GB)、日々の更新量が10GBとすると、必要なディスク容量は以下のように見積もることができます。

1024GB x 1 + 10GB x 31 = 1342GB

CAではこの計算をより手軽に行って頂けるよう、必要なディスク容量を見積もるためのツールを以下のURLで公開しています。
http://bit.ly/D2D-size

このツールではバックアップ対象の容量と保存したいバックアップの世代数を入力すれば、必要なディスク容量の概算ができるようになっているので、わざわざ計算をしなくてもすみます。

是非お試しください!

|

« 転ばぬ先の杖!バックアップデータの世代管理 | トップページ | 発想の転換~「バックアップが夜のうちに終わらない」の対策 »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

メルマガコラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/57951511

この記事へのトラックバック一覧です: メルマガコラム再掲:バックアップ先に必要なディスク容量を見積もる!:

« 転ばぬ先の杖!バックアップデータの世代管理 | トップページ | 発想の転換~「バックアップが夜のうちに終わらない」の対策 »