« ARCserve RHA r16.5 SP1登場!エイリアスを使って簡単切り替え(前編) | トップページ | 「レプリケーション」と「バックアップ」の違いとは »

2013年10月 3日 (木)

メルマガコラム再掲:大事なファイルは国産クラウドにもバックアップ!

こんにちは、ホテです。
本日は、2013年3月21日に配信されたメルマガのコラムを再掲します。

------------------------------------

最近特にご質問が多いのは、さらに強化されたクラウドストレージへのバックアップ機能で、ニフティクラウドストレージ(ニフティ)やBiz ホスティング・クラウド・エヌ Object Storage(NTTコミュニケーションズ)との連携に注目が集まっています。

D2Dには一度ローカルに保存したイメージバックアップから、特定のファイルを抽出してクラウドストレージにコピーを行う「ファイルコピー」機能があります。
クラウドへのバックアップと聞くと、直接クラウドストレージにバックアップを行う構成を想像される方が多いかもしれません。ただ昨今、回線速度が高速になっているとはいえ、LAN回線より低速なインターネット越しに直接バックアップを行うのは十分な注意が必要です。例えばデータ量が多かったり、業務回線と共用されている場合には、バックアップに時間がかかったり失敗してしまうリスクを考慮する必要があるでしょう。

この点、D2Dのファイルコピーは一度ローカルにイメージバックアップを行い、そこから必要なファイルだけをクラウドに送ることができるので、たとえインターネットの回線障害があってもローカルへのバックアップには影響しません。バックアップが一切取られていなかった、という惨事は避ける事ができます。
また「Officeファイル」や「画像ファイル」といったように、コピーしたいデータ、コピーしたくないデータを細かく設定できるので、クラウドストレージの使用容量を節約する事ができます。

51_cloudbackup

[2017年4月4日追記]
------------------------

Arcserve D2Dの後継製品である Arcserve UDP で
クラウドへのバックアップ手順書を公開しています!

<Arcserve UDP v6 クラウド ストレージへのファイルコピー/アーカイブ設定ガイド>
http://arcserve.com/jp/wp-content/uploads/2017/02/asudp-v6-cloud-filecopy-guide.pdf

------------------------

|

« ARCserve RHA r16.5 SP1登場!エイリアスを使って簡単切り替え(前編) | トップページ | 「レプリケーション」と「バックアップ」の違いとは »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

メルマガコラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/57951473

この記事へのトラックバック一覧です: メルマガコラム再掲:大事なファイルは国産クラウドにもバックアップ!:

« ARCserve RHA r16.5 SP1登場!エイリアスを使って簡単切り替え(前編) | トップページ | 「レプリケーション」と「バックアップ」の違いとは »