« メルマガコラム再掲:ARCserve BackupとD2Dで連携できるって知ってました? | トップページ | メルマガコラム再掲:バックアップ先に必要なディスク容量を見積もる! »

2013年10月11日 (金)

転ばぬ先の杖!バックアップデータの世代管理

サーバのバックアップスケジュールを検討する際、
「バックアップ or 複製で1世代だけとっておけば大丈夫!」
なんてお考えの方もいらっしゃるかと思います。

しかし、バックアップが1世代しかない場合、ファイルが壊れていたり、
ウィルスに感染していた場合に、バックアップデータも同じ状態である為、
「数日前のバックアップデータから正常な状態のファイルを復元する」
ということができません。

そこで、バックアップは世代管理を行っていただくことをお勧めします!
なお、ARCserve D2D では、世代管理でのバックアップが簡単に行えます。

バックアップ設定はたった3ステップ!

STEP1: バックアップ先を選択
STEP2: バックアップソース(対象)を選択
STEP3: 保存する復旧ポイント(世代)を指定

D2dw165_


あとは、設定したスケジュールに従って、フル/増分バックアップが行なわれます。
バックアップの世代管理は、転ばぬ先の杖!ぜひご参考ください。

≪参考資料≫
ARCserve D2D r16.5(Windows版) 環境構築ガイド:インストールからバックアップ設定まで (PDF 1.14 MB)
http://www.arcserve.com/~/media/Files/TechnicalDocuments/asd2d_r165_installationguide.pdf

ARCserve D2D r16.5
Linux版)インストールガイド:インストールからバックアップ設定まで(PDF 1.70 MB)
http://www.arcserve.com/~/media/Files/TechnicalDocuments/asd2d-l-r165-Install-guide.pdf


最近、運行される頻度が少なく、あまり見られない「通勤電車のレアな行先表示」を
見るのがマイブームのエヌエスがお届けしました。

※ちなみに、最近見たのは、東京メトロ半蔵門線の「鷺沼」行きです。
(平日朝ラッシュ時、および、平日、土休日最終電車のみに設定)

|

« メルマガコラム再掲:ARCserve BackupとD2Dで連携できるって知ってました? | トップページ | メルマガコラム再掲:バックアップ先に必要なディスク容量を見積もる! »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/58357382

この記事へのトラックバック一覧です: 転ばぬ先の杖!バックアップデータの世代管理:

« メルマガコラム再掲:ARCserve BackupとD2Dで連携できるって知ってました? | トップページ | メルマガコラム再掲:バックアップ先に必要なディスク容量を見積もる! »