« 災害対策サイトの仮想マシンで簡単業務継続~Central Virtual Standbyのご紹介~ | トップページ | ARCserve Replication/HA のイベントをコピーする »

2013年12月27日 (金)

ARCserve D2D + RDX ガイド公開のお知らせ~2本のRDXを使いまわす方法~

ARCserve D2D(Windows/Linux)でバックアップ先にRDXを利用するガイドを公開しました。

■D2D Windows版のガイドでは、

・1本のRDX カートリッジ(メディア)に1週間分のデータをバックアップする
・2本のRDXカートリッジを使いまわす(再利用する)

という運用を中心に、ファイルのリストア手順、ベアメタル復旧(BMR)の手順を紹介しています。

Blog20131226a_2

※ちなみに、2本のカートリッジを使いまわす場合、再利用の前にデータを削除することが重要です。
カートリッジ交換の詳細は「運用手順書(設定・操作手順書)」 の5ページを参照してください。

【D2D Windows版】
1. RDX へのバックアップ 「導入手順書」 (PDF 1 KB)
RDX のセットアップから、ARCserve D2D のインストール、パッチの適用方法などを画面付きで示しています。
※リンクをUpdate(2017/04/04)

2. RDX へのバックアップ 「運用手順書(設定・操作手順書)」 (PDF 1 MB)
RDX カートリッジを2 本使用し、1週間交代で運用させる手順の例とリストア方法を示しています。
※リンクをUpdate(2017/04/04)

3. RDX へのバックアップ 「ベアメタル復旧手順書」 (PDF 786 KB)
RDX カートリッジへ保存したデータを利用した、ベアメタル復旧方法についての手順を示しています。
※リンクをUpdate(2017/04/04)

■D2D Linux版のガイドでは、
RDXを利用したバックアップ、ファイルのリストア、ベアメタル復旧(BMR)について解説しています。

【D2D Linux版】
技術資料 : RDXへのバックアップ手順書(PDF 550 KB)
※リンクをUpdate(2017/04/04)

■これらの資料はカタログセンターに掲載されています。

カタログセンター [D2D]

+++

以上、Koichiがお伝えしました。

|

« 災害対策サイトの仮想マシンで簡単業務継続~Central Virtual Standbyのご紹介~ | トップページ | ARCserve Replication/HA のイベントをコピーする »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/58824372

この記事へのトラックバック一覧です: ARCserve D2D + RDX ガイド公開のお知らせ~2本のRDXを使いまわす方法~:

« 災害対策サイトの仮想マシンで簡単業務継続~Central Virtual Standbyのご紹介~ | トップページ | ARCserve Replication/HA のイベントをコピーする »