« OSバージョンが異なるNAS同士でレプリケーションを行う! | トップページ | Windows/Linuxサーバが混在する仮想環境もD2Dで簡単バックアップ! »

2014年1月17日 (金)

バックアップ時にユーザの業務を妨げない「スロットル バックアップ」

クライアントPCのバックアップでは、ユーザが使っているソフトのパフォーマンスへの影響を抑えるため、バックアップの書き込み速度を制限したい。というケースが考えられます。

そんな時は、スロットルバックアップを検討してみてください。

スロットルバックアップとは、バックアップの書き込み速度を制限するバックアップ方法です。バックアップにかかる時間は延びますが、クライアントPCのCPUやネットワークへの負荷を軽減させることができます。

設定方法は簡単。「バックアップ書き込み速度の上限」欄に任意の「MB/分」を記載します。

この設定方法については、

ユーザガイドに詳細が載っています。併せてご覧ください。

■ARCserve D2D r16.5 for Winユーザガイド
設定 › バックアップ設定の管理 › 保護設定の指定

> 7.スロットル バックアップを指定します。

バックアップが書き込まれる最高速度(MB/分)を指定できます。 バックアップ速度のスロットル制御を実行すると、CPU またはネットワークの使用率を低減できます。 ただし、バックアップ速度の制限は、バックアップ ウィンドウに悪影響を及ぼします。 バックアップの最高速度を抑えるほど、バックアップの実行時間が増加します。 バックアップ ジョブの場合、CA ARCserve D2D ホーム画面上の[ジョブ モニタ]に、進行中ジョブの平均読み取り/書き込み速度が表示され、設定されたスロットル スピード制限も示されます。

注: デフォルトでは、[スロットル バックアップ]オプションは有効ではなく、バックアップ速度は制御されません。

Photo_2

+++
以上 Koichiがお伝えしました。

|

« OSバージョンが異なるNAS同士でレプリケーションを行う! | トップページ | Windows/Linuxサーバが混在する仮想環境もD2Dで簡単バックアップ! »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/58956267

この記事へのトラックバック一覧です: バックアップ時にユーザの業務を妨げない「スロットル バックアップ」:

« OSバージョンが異なるNAS同士でレプリケーションを行う! | トップページ | Windows/Linuxサーバが混在する仮想環境もD2Dで簡単バックアップ! »