« 図を示しながら口頭で説明をするときに便利。RHA「スイッチオーバー」ってどうなっているの?等 | トップページ | CA ARCserve Replication と CA ARCserve High Availability の違いをひとことで言うと? »

2014年2月 7日 (金)

大容量のサーバもARCserve D2Dで簡単イメージバックアップ

ARCserve D2D r16.5 for Windowsをご検討のお客様より、

「バックアップ可能なデータ容量に制限はありますか?」

との質問を時々いただきます。

その回答は・・・もちろん!制限はありません。
バックアップ設定で「標準圧縮」(デフォルト)または「最大圧縮」を
選択することでバックアップ可能なデータ容量に制限なく、
バックアップが可能です。

※動作要件にも記載されてますが、バックアップ設定で「圧縮なし」を
選択した場合、2TB 以上のディスクにあるボリュームはバックアップできません。
これは VHDファイルの仕様によるためです。

[参考]CA ARCserve D2D r16.5 for Windows動作要件
<http://www.casupport.jp/resources/D2D165win/sysreq.htm>
※「CA ARCserve D2D r16.5 for Windows Server」表中の「その他」欄を参照

【Photo:バックアップ設定画面】
_


ちなみに、「以前のバージョンで制限がなかったっけ?」
「VHDファイルの仕様とはどういうこと?」と疑問をお持ちの方は、
過去の投稿記事で詳しく解説しておりますので、併せてご参考ください。

[参考]過去の投稿記事
「2TB以上の大容量システムをARCserve D2Dでバックアップ」
<http://arcserve.txt-nifty.com/blog/2011/12/2tbarcserve-d2d.html>

なお、30日間、機能制限なくご利用いただけるトライアルを用意しております。
「実際に使用して、事前に検証をしてみたい」という方は、
ぜひ、トライアルをご活用ください。

[参考]CA ARCserve シリーズ無償トライアルダウンロード
<http://arcserve.com/jp/free-backup-software-trial/>


先日発表されたJR東日本の中央線特急「あずさ」用新型車両
「E353系」の近未来的な車両デザインに、2015年夏のデビューが待ち遠しい
エヌエスがお届けしました。

|

« 図を示しながら口頭で説明をするときに便利。RHA「スイッチオーバー」ってどうなっているの?等 | トップページ | CA ARCserve Replication と CA ARCserve High Availability の違いをひとことで言うと? »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/59081504

この記事へのトラックバック一覧です: 大容量のサーバもARCserve D2Dで簡単イメージバックアップ:

« 図を示しながら口頭で説明をするときに便利。RHA「スイッチオーバー」ってどうなっているの?等 | トップページ | CA ARCserve Replication と CA ARCserve High Availability の違いをひとことで言うと? »