« ARCserve Replication: 1対1対1シナリオの作り方 | トップページ | ARCserve D2D : バックアップデータをコピーする »

2014年2月28日 (金)

Linux、Windows混在環境のバックアップを統合:アプライドテクノロジー様導入事例

こんにちは、ホテです。

昨年7月に発売し、当ブログでも何度か取り上げているARCserve D2D for Linuxですが、早くも導入事例が公開されています。

00_2

今回のお客様はIT機器のレンタルや中古販売を手掛けるアプライドテクノロジー株式会社様です。Linux(CentOS)の上で動くサイボウズOfficeのシステムバックアップにARCserve D2Dを使っていただいています。

「Linuxのシステムバックアップはdumpコマンドで済ませてる」なんて方も多い中で、なぜARCserve D2Dを採用するに至ったのか?
詳しくはこちら↓のカタログをご一読ください!
http://arcserve.com/jp/wp-content/uploads/2017/04/case-d2d-apptec.pdf
※リンクをUpdate(2017/04/04)

|

« ARCserve Replication: 1対1対1シナリオの作り方 | トップページ | ARCserve D2D : バックアップデータをコピーする »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

事例紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/59163313

この記事へのトラックバック一覧です: Linux、Windows混在環境のバックアップを統合:アプライドテクノロジー様導入事例:

« ARCserve Replication: 1対1対1シナリオの作り方 | トップページ | ARCserve D2D : バックアップデータをコピーする »