« 3.5TB、600万個のファイルをスムーズに移行!ソフトバンク・テクノロジー様導入事例 | トップページ | 「年間メンテナンス付きパッケージ製品」と「ライセンスプログラム製品」の違い »

2014年4月 1日 (火)

図を見て分かる:同期中にマスタ(複製元)のデータを更新したらどうなる?

こんにちは、ホテです。

ARCserve Replicationのよくある質問のひとつに、
「同期中にマスタ側で更新したファイルはちゃんと複製されるの?」
というものがあります。

この質問に対する答は
「同期完了後にちゃんとレプリケーションされます!」となるのですが、
今日はこの辺の仕組みを図を使ってご説明しようと思います。

なお、この記事ではARCserve Replication用語がバンバン出るので、
初めての方はこちらをあらかじめ読んでいただくのが良いかもしれません。

ではまず、同期が始まるタイミングからどのような動きをしていくのか見ていきましょう。

01_3

①の同期開始の時点では、マスタサーバには「A」「B」というデータがあり、
レプリカサーバは空の状態です。

02_2

同期によってデータがレプリカサーバへ複製されていきます。
②の時点ではまず「A」がレプリカに複製されました。
さらに、その最中にユーザー操作によってマスタサーバ側で「C」が追加されました。

この「C」を作るという動作がジャーナルファイルとしてスプールディレクトリに
同期が完了するまで蓄積されます。

03_2

③は同期が完了し「A」「B」がレプリカに複製された状態です。
同期の役割は同期開始時点(つまり①の時点)のデータを複製する事なので
「C」がまだレプリカに反映されていないのは正常です。

04_2

その後スプールディレクトリにたまっていたジャーナルファイルが反映され
レプリカに「C」が作られます。

この動作はARCserve Replicationの画面からも追う事ができます。
下の図の「同期処理が終了しました」が③の時点。
「同期処理中の変更はすべてレプリケートされました」が④が完了した時点です。

05

このような仕組みになっているので、先日ご紹介したように
データ移行ツールとして活用する事ができるわけです。

一方、コピーツールではコピー中に変更されたデータを追う事が出来ないので、
データ移行作業中はサービスを停止しなければいけません。

なお、この件についてはサポート技術情報も公開されています。
もっと詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

技術情報:同期中にマスタ サーバのデータを更新して良いですか?また、その際の注意点はありますか?

|

« 3.5TB、600万個のファイルをスムーズに移行!ソフトバンク・テクノロジー様導入事例 | トップページ | 「年間メンテナンス付きパッケージ製品」と「ライセンスプログラム製品」の違い »

よく聞かれる質問」カテゴリの記事

技術情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/59281151

この記事へのトラックバック一覧です: 図を見て分かる:同期中にマスタ(複製元)のデータを更新したらどうなる?:

« 3.5TB、600万個のファイルをスムーズに移行!ソフトバンク・テクノロジー様導入事例 | トップページ | 「年間メンテナンス付きパッケージ製品」と「ライセンスプログラム製品」の違い »