« arcserve D2DとUDPで仮想マシンをバックアップする場合のライセンス比較。 | トップページ | Arcserve UDP 機能紹介 ~ (3) 詳細スケジュール設定: 曜日指定 ~ »

2014年7月 4日 (金)

Arcserve UDP 機能紹介 ~ (2) iSCSIボリュームのサポート ~

マサオミです。普段は火曜日に行っているTech Tuesdayですが、   
ご紹介したい量が多いので、曜日を気にせず、どんどんご紹介していきたいと思います。

 

--------------------------------------------   
目次:    
1) 全体像とコンポーネントについて    
2) iSCSIボリュームのサポート ← 本日はここ    
3) 詳細スケジュール設定 (曜日指定 / 日・週・月次指定) 
4) 詳細スケジュール設定 (日・週・月次指定)    
5) マージおよびカタログ作成の代行処理    
6) Windows / Linux、物理 / 仮想 を1つの画面で統合管理    
7) 仮想マシンのエージェントレス バックアップ (VMware編 / Hyper-V編)    
8) バックアップ設定のメニュー化    
9) イメージバックアップのテープ保管    
10) バックアップデータの重複排除    
11) バックアップデータの遠隔転送    
12) 仮想マシンへの自動復旧(仮想スタンバイ)    
--------------------------------------------

 

さて、本日はiSCSIボリュームのサポートということで   
特にバックアップ先をiSCSIで接続されたボリュームにする場合の    
ポイントをご紹介したいと思います。

 

WinShots_000027

 

iSCSIで接続されたボリュームをバックアップ先として利用する場合は   
ローカルディスクを利用する場合と同様、ボリュームをバックアップ先に指定するだけなので    
特別難しいことはありません。iSCSIを利用することで、ネットワーク共有フォルダに    
バックアップする場合に比べてバックアップ速度の向上が期待できます。

 

バックアップ先として単にバックアップするだけであれば   
技術的にはarcserve D2Dであってもバックアップはできます。    
ただ、正式にサポートされた構成かと問われると残念ながら    
正式にはサポートされていませんでした。

 

重要なことは「ベアメタル復旧まで含めてリストアができるか」という点です。   
arcserve UDPでは、マニュアルにも手順が記載され、正式サポートとなりました。

 

iSCSIボリュームにバックアップしたデータからベアメタル復旧を行う場合は、   
以下2つの準備が必要です。

 
   

(1) 復旧用メディアは、Windows アセスメント&デプロイメント キット(ADK)8/8.1を利用して作成する      
(2) ベアメタル復旧の際、iSCSIターゲットに接続するコマンドを実行する

 

iSCSIボリュームを接続するコマンドは、Windows ADK 8/8.1のWindows PEに含まれます。   
Windows 自動インストール キット (AIK)を利用して作成した復旧用メディアにはこの    
コマンドは含まれていませんので、ご注意ください。

 

ベアメタル復旧ウィザード実行中に[ユーティリティ]から[実行]を選択し、   
「cmd」と入力して、コマンドプロンプトを起動します。

 

1.iscsi

 

2.iscsi

 

コマンドプロンプトが起動したら、以下の3つのコマンドを実行します。

 

----------------------------------------   
net start msiscsi    
iSCSICLI QAddTargetPortal <iSCSIターゲットのIPアドレス>    
iSCSICLI QLoginTarget <iSCSIターゲットの識別名 (iqn) >    
----------------------------------------

 

簡単に説明すると、最初にiSCSI接続に必要なサービスを起動し、   
iSCSIターゲットのあるサーバを指定して、識別名を入力して    
ボリュームに接続する、という感じです。

 

それぞれやってみましょう。

 

net start msiscsi   
3.iscsi

 

iSCSICLI QAddTargetPortal <iSCSIターゲットのIPアドレス>   
4.iscsi

 

サーバにアクセスできていて、ターゲットも認識していることの確認のため、   
任意で iSCSICLI ListTargets と打ってみましょう。    
5.iscsi

 

この例では、iqn-1991-05.com.microsoft:hyper-v-server-udp-agent-iscsi-target が   
iSCSIターゲットの識別iqnです。これを最後のコマンドで指定します。

 

iSCSICLI QLoginTarget <iSCSIターゲットの識別 iqn>   
6.iscsi

 

これで終わりです。[更新]ボタンをクリックするとバックアップデータを検出します。   
7.iscsi

 

なお、復旧用メディアでサーバを起動した場合、対象サーバには一時的なコンピュータ名が付いています。   
イニシエーターIDが変わりますので、必要に応じてiSCSIターゲットに追加してから接続してください。    
もし接続ができない!とかiSCSIターゲットの識別 iqn がリストされない!という時には    
ターゲットサーバ側でこのイニシエータからの接続が許可されているのかどうかも確認してみてください。

 

バックアップデータが認識されたら後は通常のベアメタル復旧の手順を進めます。   
手順については先日公開された以下のガイドを参考にしてください。

 

arcserve UDP v5 Windows OSのベアメタル復旧手順書   
http://arcserve.com/jp/wp-content/uploads/2017/02/asudp_v5_agent_BMR_guide.pdf

 

これまでNASをバックアップ先にするときにはネットワーク共有しか手段がなかったのですが   
iSCSIがサポートされたことで、選択肢が増えました。

 

それでは、本日はここまで。   
See you in next time . . .

|

« arcserve D2DとUDPで仮想マシンをバックアップする場合のライセンス比較。 | トップページ | Arcserve UDP 機能紹介 ~ (3) 詳細スケジュール設定: 曜日指定 ~ »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

技術情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/59926356

この記事へのトラックバック一覧です: Arcserve UDP 機能紹介 ~ (2) iSCSIボリュームのサポート ~:

« arcserve D2DとUDPで仮想マシンをバックアップする場合のライセンス比較。 | トップページ | Arcserve UDP 機能紹介 ~ (3) 詳細スケジュール設定: 曜日指定 ~ »