« arcserve UDPでのOracleデータベースのバックアップ | トップページ | 本番サーバ復旧後、複製サーバの最新データはどうやって本番サーバへ反映させる? »

2014年11月 7日 (金)

Hyper-V仮想マシンのエージェントレス バックアップ、2つの方法。

Arcserve UDPの特徴の1つは、仮想マシンにUDP Agentをインストールせず(エージェントレス)、仮想ホストや別のサーバにUDP Agent等を導入して行うバックアップが可能という点です。

このエージェントレスバックアップですが、Hyper-V仮想マシンのエージェントレスバックアップを行う場合2つの方法があります。

※ちなみに、UDPではエージェントレスバックアップが2つの方法でできるため、どっちのことを話題にしているかわかりにくいときがあります。
そこで、Arcserveでは便宜的に「簡易」と「完全」と呼んで区別をしています。
サポート等に問い合わせる際にどっちのエージェントレスバックアップについて話題にしているかを明確にするため、この「簡易」「完全」を使っていただくとスムーズに話が通じます。


■1つは、Arcserve D2D Advanced Edtionと同様にHyper-V Writerを使った「簡易エージェントレスバックアップ」です。
既にD2D Advanced EditionでHyper-V Writerを使って仮想マシンのバックアップを行っている場合はおなじみのバックアップ方法となります。

1_2

■もう1つは、Hyper-VについてはUDPからの新機能です。
こちらはプロキシ経由でのバックアップとなります。

イメージ的には、VMwareをエージェントレスでバックアップできたHost-Based VM Backupのようなことができると思ってください。

Arcserve UDPで通常言及している新機能の「エージェントレスバックアップ」はこちらの「完全エージェントレスバックアップ」のことになります。プロキシを導入することになるのが目印です。


2


+++
以上、Koichiがお伝えしました。

|

« arcserve UDPでのOracleデータベースのバックアップ | トップページ | 本番サーバ復旧後、複製サーバの最新データはどうやって本番サーバへ反映させる? »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/60608350

この記事へのトラックバック一覧です: Hyper-V仮想マシンのエージェントレス バックアップ、2つの方法。:

« arcserve UDPでのOracleデータベースのバックアップ | トップページ | 本番サーバ復旧後、複製サーバの最新データはどうやって本番サーバへ反映させる? »