« arcserve UDP 3つのライセンス課金方法(再掲載) | トップページ | 「同期」と「レプリケーション」その違いとは? »

2015年2月 6日 (金)

UDPのライセンスキー登録方法は2パターン

Arcserve UDPは、利用する機能によって
(a) UDP Agentのみのインストールか、
(b) Agent以外にもコンソールやRPS(復旧ポイントサーバ)を導入するか
が分かれてきます。

 

(関連記事)

 

 

 

保護対象サーバに直接UDP Agentを入れて1台ごとにバックアップを管理する場合は、
コンソールやRPSは入れる必要はありませんので、
下図のように、「UDP Agentのみ」のインストールをすることになります。

Udp_agent_2_2


ライセンスキーの適用方法も、このインストール方法の違いによって、
具体的には、(a)UDP Agentのみを入れているのか、それとも(b)コンソールも入れているのか、
によって利用する画面が変わってきます。


(a) UDP Agentのみインストールしている場合、

Arcserve D2DやArcserve Backupと同じ[ライセンス確認エントリー]画面から登録します。各保護対象毎にそれぞれ設定します。

Udp_agent_3

詳細は下記オンラインマニュアルをご覧ください。

>>オンラインマニュアル:Arcserve UDP Agent (Windows) ライセンスの追加



(b) コンソールもインストールしている場合、
統合管理用のコンソールを使って一括登録します。

Udp_2

詳細は下記オンラインマニュアルをご覧ください。

>>オンラインマニュアル:コンソールを使ったライセンス登録方法


+++

以上、Koichiがお伝えしました。

[2017年7月5日追記]
------------------------

Linux エージェントのライセンス登録方法など、
ライセンス登録に関する最新の情報はライセンスデスクページをご覧ください。

------------------------


|

« arcserve UDP 3つのライセンス課金方法(再掲載) | トップページ | 「同期」と「レプリケーション」その違いとは? »

ライセンス登録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/61089681

この記事へのトラックバック一覧です: UDPのライセンスキー登録方法は2パターン:

« arcserve UDP 3つのライセンス課金方法(再掲載) | トップページ | 「同期」と「レプリケーション」その違いとは? »