« arcserve Japan合同会社、本社移転のご案内 | トップページ | Arcserve UDP 機能紹介 ~ (12) 仮想マシンへの自動復旧(仮想スタンバイ) ~ »

2015年3月24日 (火)

Arcserve UDP 機能紹介 ~ (11) バックアップデータの遠隔転送 ~

こんにちは、ホテです。
引き続きArcserve UDPの機能紹介をしていきます。

--------------------------------------------   
目次:    
1) 全体像とコンポーネントについて    
2) iSCSIボリュームのサポート    
3) 詳細スケジュール設定 (曜日指定)
4) 詳細スケジュール設定 (日・週・月次指定)   
5) マージおよびカタログ作成の代行処理    
6) Windows / Linux、物理 / 仮想 を1つの画面で統合管理    
7) 仮想マシンのエージェントレス バックアップ (VMware編 / Hyper-V編)    
8) バックアップ設定のメニュー化    
9) イメージバックアップのテープ保管      
10) バックアップデータの重複排除    
11) バックアップデータの遠隔転送 ← 本日はここ   
12) 仮想マシンへの自動復旧(仮想スタンバイ)    
--------------------------------------------

 

本日は災害対策に使えるバックアップデータの遠隔転送についてご紹介します。

 

これまでもArcserve D2DのバックアップデータをArcserve Replicationで   
転送するという連携機能を提供していました。

 

<参考> ARCserve D2D × Replication 統合シナリオ   
<参考> ARCserve RHA r16.5 新機能 ~ VMware vSphere のバックアップデータをレプリケーション ~

 

Arcserve UDPではこの機能を製品の標準機能に取り込み、   
Arcserve Replicationを別途購入・導入する必要なく、   
復旧ポイントサーバ(RPS)間でバックアップデータを転送することができるようになりました。

 

Replicate_1

 

単一のコンソールでバックアップから遠隔転送までの設定・管理ができるようになった!
という点が今までとの最大の違いですが、それ以外にも以下の点で違いがあります。

   
 ① マージをそれぞれのRPSで行うので、転送されるデータ量が当社比で実質半減!
 ② 重複排除機能を利用して転送量をさらに削減できる!
 ③ 転送元と転送先でそれぞれ保存したい世代数を設定できる!

 

①について、これまでの連携機能では、Arcserve D2Dのマージに伴うデータ変更を
Arcserve Replicationが複製していたため、実質、増分バックアップデータ2回分の
トラフィックがWAN経由で発生していました。(詳細はこちらの最後のページをご覧ください。)

Arcserve UDPでは遠隔地側のRPSでもマージ処理を行えるので、
遠隔地に送りつけるデータは正味の増分バックアップデータ分だけで良くなりました。

 

②の重複排除については、前回ご紹介させていただいた通りです。
専用のハードウェアやオプションを必要とせず、
バックアップデータをより小さくする事ができます。

 

③もArcserve UDPのユニークな点です。
手元はバックアップを30世代(1ヶ月分)残すが、
転送先はディスク容量を節約するため5世代(1週間分)残す、といったこともでき   
その逆も可能です。こうした柔軟な対応ができる背景でRPSが活躍しています。

 

 

【例によって設定してみる】

バックアップデータの転送を利用する際は、   
遠隔地にも復旧ポイントサーバを導入したWindowsサーバを設置し、   
お互いに疎通できるようにした上で、プラン作成時に   
[バックアップ タスク]と[レプリケート タスク]の2つを指定します。

 

image 
2つの復旧ポイントサーバを追加して、それぞれデータストアを作ります。

 

image 
バックアップタスクの後に「レプリケート」というタスクを追加します。

 

こうして作ったプランをバックアップ対象に配布し、バックアップを開始すると、   
バックアップ完了後に「レプリケーション」という処理が実行され、バックアップデータが転送されます。

 

image

 

Arcserve UDPの標準機能でバックアップからデータの転送まで   
一貫した管理を1つの画面で行うことができるようになりました。

 

とにかく簡単に、且つ低価格で災害対策を実施したい、というニーズにも   
Arcserve UDPで応えることができるようになりました。   
災害対策をご検討の際には是非ご活用ください。

 

それでは、本日はここまで。
次回は遠隔地に転送したバックアップデータを使って、
自動的にシステム復旧を行わせる方法をご紹介します。

|

« arcserve Japan合同会社、本社移転のご案内 | トップページ | Arcserve UDP 機能紹介 ~ (12) 仮想マシンへの自動復旧(仮想スタンバイ) ~ »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

技術情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/61058434

この記事へのトラックバック一覧です: Arcserve UDP 機能紹介 ~ (11) バックアップデータの遠隔転送 ~:

« arcserve Japan合同会社、本社移転のご案内 | トップページ | Arcserve UDP 機能紹介 ~ (12) 仮想マシンへの自動復旧(仮想スタンバイ) ~ »