« Arcserve UDP 機能紹介 ~ (11) バックアップデータの遠隔転送 ~ | トップページ | Arcserve UDP でクラスタ(WSFC/MSCS)をバックアップできます! »

2015年3月26日 (木)

Arcserve UDP 機能紹介 ~ (12) 仮想マシンへの自動復旧(仮想スタンバイ) ~

こんにちは、ホテです。
引き続き Arcserve UDP の機能紹介をしていきます。

今回でいったん Arcserve UDP v5の機能紹介は終わりです。
お付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。

連載しているうちに Update 2 や Update 3 が出てきてしまいました。。。(ーー;)
特に Update2 はメージャーバージョンに匹敵するくらい新機能が盛りだくさんなのですが、
また、時間がかかってしまってもアレなので、
取り急ぎこちらのまとめ資料でご紹介させてください。

--------------------------------------------   
目次:    
1) 全体像とコンポーネントについて    
2) iSCSIボリュームのサポート    
3) 詳細スケジュール設定 (曜日指定)
4) 詳細スケジュール設定 (日・週・月次指定)
5) マージおよびカタログ作成の代行処理    
6) Windows / Linux、物理 / 仮想 を1つの画面で統合管理    
7) 仮想マシンのエージェントレス バックアップ (VMware編 / Hyper-V編)    
8) バックアップ設定のメニュー化    
9) イメージバックアップのテープ保管      
10) バックアップデータの重複排除    
11) バックアップデータの遠隔転送   
12) 仮想マシンへの自動復旧(仮想スタンバイ) ← 本日はここ    
--------------------------------------------

 

さて、本日は仮想マシンへの自動復旧(機能名: 仮想スタンバイ)について   
ご紹介したいと思います。

 

前回の記事でバックアップデータの遠隔転送についてご紹介しましたが、   
いざという時に誰がそのデータを使ってシステムをリストアするの?という問題があります。   

 

VSB_1

 

そこで、Arcserve D2Dの頃はVirtual Standbyという名前のオプション製品として提供していた機能を   
標準機能としてArcserve UDPに取り込みました。

 

<参考> ARCserve RHA r16.5 新機能 ~ リモートサイトの仮想マシン自動起動で簡単災害対策 ~

 

バックアップデータを予め仮想マシンとして復旧しておき、   
障害・災害時には仮想マシンの電源を入れるだけで   
すぐに使えるようにします。

 

VSB_2

 

【遠隔仮想スタンバイを設定してみる】

方法は前回の記事で書いたバックアップデータの転送の設定の延長です。   
追加のタスクに「仮想スタンバイ」を指定します。   
image

 

遠隔地に転送したバックアップデータを利用する場合には   
ソースに「タスク2: レプリケート のディスティネーション」を指定します。   
image

 

その他、VMware vSphere またはMicrosoft Hyper-Vを指定し、   
仮想マシンのスペックを決めます。   
image    
仮想ホストの指定

 

image    
仮想マシンのスペック指定    
ここで、保存先となるデータストア(フォルダ)やネットワークの割り当てもできます。

 

こうして作成したプランを保存して、バックアップ対象に配布し、   
バックアップを実行すると、指定した仮想ホストに仮想マシンが生成されます。

 

実際に動いている動画は以下で公開されていますのでご参照ください。

 

● Arcserve UDPで遠隔地に仮想スタンバイ サーバを作成   
https://www.youtube.com/watch?v=fEUa-GuZVrU&index=1&list=PLvv6a4xey9be3CcQ-IETEqWwWF6RHj7Rb   

 

仮想マシンを起動する際は、管理コンソールから対象ノードを右クリックし、   
[スタンバイ VM]をクリックしてください。   
image

 

その後、表示されるスナップショットの一覧画面から   
どの時点の状態で仮想マシンを立ち上げるかを選択し、   
[VMの電源をオンにする]をクリックすればスタンバイしていた   
仮想マシンが立ち上がります。   
image 

 

最初のフルバックアップ以外、送られてきたバックアップデータは   
すべてスナップショットとして仮想マシンに追加されています。   
このスナップショットの一覧は、バックアップデータの復旧ポイントと   
考えても差し支えありません。

 

なお、立ち上げる先のネットワークセグメントが本番サーバがあったセグメントと異なれば   
当然ネットワークに接続することができません。その点も考慮し、仮想マシンに割り当てる   
IPアドレスの設定も行うことができるようになっています。   
image

 

細かい調整まで効くようになっているので、いざという場合も慌てずに   
業務の再開ができるようになっています。

 

バックアップからデータの転送、仮想スタンバイまで一通り全部行っても   
一番低価格のStandard Edtion (8万円)で利用することができます。   
世の中には色々なソリューションが提供されておりますが、   
ここまで低価格で、しかも簡単に実現できるソリューションは   
なかなか無いと思います。

 

是非Arcserve UDPを使って現実的な災害対策を行ってください。

 

それでは、本日はここまで。

----------------------------------
[2016年8月12日追記]

仮想スタンバイと似た機能として、
インスタントVM という機能が Arcserve UDP v6 で追加されました。

仮想スタンバイよりもより手軽に使えるのが魅力の機能です。
興味のある方は以下の記事もご覧ください。

インスタントVMと仮想スタンバイとの違い

Arcserve UDP v6 新機能紹介 ~ (2) 仮想マシンとして即時復旧 (インスタントVM) ~
----------------------------------

|

« Arcserve UDP 機能紹介 ~ (11) バックアップデータの遠隔転送 ~ | トップページ | Arcserve UDP でクラスタ(WSFC/MSCS)をバックアップできます! »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

技術情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/61058555

この記事へのトラックバック一覧です: Arcserve UDP 機能紹介 ~ (12) 仮想マシンへの自動復旧(仮想スタンバイ) ~:

« Arcserve UDP 機能紹介 ~ (11) バックアップデータの遠隔転送 ~ | トップページ | Arcserve UDP でクラスタ(WSFC/MSCS)をバックアップできます! »