« Arcserve UDP でクラスタ(WSFC/MSCS)をバックアップできます! | トップページ | Arcserve UDP では「マージ」の時間が短くなります »

2015年4月 3日 (金)

ファイルサーバ移行に使える Arcserve Replication のお得な買い方

こんにちは、ホテです。

ちょうど一年ほど前に Arcserve Replication を使ったファイルサーバの
データ移行関連で2つ記事を投稿させていただいておりましたが、
今年は Windows Server 2003 のサポート終了もあり、
同じ事をやりたい、というご相談を多数いただいております。

--------------------------------------------------
3.5TB、600万個のファイルをスムーズに移行!ソフトバンク・テクノロジー様導入事例

図を見て分かる:同期中にマスタ(複製元)のデータを更新したらどうなる?
--------------------------------------------------

一方、データ移行だけのために Arcserve Replication を買うのはもったいない、
という方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

そんな方にお勧めしたいのが「Arcserve UDP Premium Edition」を買ってみる、
という方法です!

Arcserve Replication が使いたいのに何で UDP?と思われるかもしれませんが、
この Premium Edition は Arcserve シリーズの機能をセットにした製品で、
以下の機能を使う事ができます。

 ・Arcserve UDP のイメージバックアップ機能(Advanced Edition に相当)
 ・Arcserve Replication のファイルサーバシナリオ(for File Server に相当)
 ・Arcserve Backup の全機能

 <<参考>>
 arcserve UDPに用意された5つのEdition、選ぶ際のポイントとは?
 

なので、例えばデータ移行用途で Arcserve Replication の機能を使った後に、
別なサーバのイメージバックアップにライセンスを流用する、といった事ができるわけです。
レプリケーション以外の機能も使えるので、移行後の使い方の幅が拡がりますね。

という事で、短い停止時間でファイルを移行できて、なおかつその後のバックアップ必ず役に立つ
「Arcserve UDP Premium Edition」を是非ご検討ください!

あと、移行元/移行先が WSFC だったり、Enterprise/ Datacenter Edition の場合は
Arcserve UDP の方も「Premium Plus Edition」が必要になりますので、その点もご注意ください。

|

« Arcserve UDP でクラスタ(WSFC/MSCS)をバックアップできます! | トップページ | Arcserve UDP では「マージ」の時間が短くなります »

製品について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/61366905

この記事へのトラックバック一覧です: ファイルサーバ移行に使える Arcserve Replication のお得な買い方:

« Arcserve UDP でクラスタ(WSFC/MSCS)をバックアップできます! | トップページ | Arcserve UDP では「マージ」の時間が短くなります »