« ファイルサーバ移行に使える Arcserve Replication のお得な買い方 | トップページ | Arcserve UDP:RPSや管理コンソールがインストールできない!? »

2015年4月10日 (金)

Arcserve UDP では「マージ」の時間が短くなります

こんにちは、ホテです。

ちょっと今更な感じもするのですが、
今日は Arcserve UDP で良くなったことの1つである
マージ処理の時間短縮についてご紹介します。

Arcserve UDP では Arcserve D2D の時代から
フルバックアップの取り直しが要らない、
「継続的な増分バックアップ」が売りです。

これを可能にするために Arcserve UDP/D2D では
増分バックアップの後に「マージ」という処理を行い、
バックアップデータの世代を1つ繰り上げるような動きをします。
この辺の話は以下の記事もご覧になってみてください。

----------------

増え続ける世代数がディスク使用量を圧迫していませんか?バックアップ世代を一定に保つテクノロジのご紹介!

メルマガコラム再掲: マージって何ですか?

----------------

で、Arcserve UDP で良くなったところなのですが、
このマージの時間が従来のArcserve D2D に比べて大幅に
短い時間で終わるようになりました。

どれくらい短くなったかというと…

 

01_3

これくらい!

 

上の図は Arcserve社内でざっと比較検証を行った結果なのですが、
マージの時間が29分の1に短縮されている事が分かります。

どうしてこんなに時間が短縮できるようになったのかというと、
このためにバックアップファイルの形を変更したんです。

 

02

 

以前ご紹介したマージ/カタログ生成の代行処理と併せて、
Arcserve UDP では Arcserve D2D に比べて
バックアップ対象サーバにかかる負担が小さくなっています。

Arcserve D2D をお使いの方で、
「マージに時間がかかっている」という方がいらっしゃいましたら、
是非 Arcserve UDP へのアップグレードをご検討ください。

Arcserve D2D の有効なメンテナンスがあれば、
無償でArcserve UDP へアップグレードできますよ!

|

« ファイルサーバ移行に使える Arcserve Replication のお得な買い方 | トップページ | Arcserve UDP:RPSや管理コンソールがインストールできない!? »

技術情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/61340913

この記事へのトラックバック一覧です: Arcserve UDP では「マージ」の時間が短くなります:

« ファイルサーバ移行に使える Arcserve Replication のお得な買い方 | トップページ | Arcserve UDP:RPSや管理コンソールがインストールできない!? »