« Arcserve UDPをテープへ保存する | トップページ | Arcserve UDP のバックアップ容量削減事例を詳しく解説!【前編】 »

2015年5月15日 (金)

Arcserve Replication の転送量を測定したい

こんにちは、ホテです。

WAN 経由でレプリケーションしているお客様から、
レプリケーションでどれほど帯域が使われているのか知りたい、
というご相談をいただく事があります。

そんな時に使えるのが以下の2つの機能です。

 ① レプリケーションレポート
 ② アセスメントレポート

①のレプリケーションレポートはレプリケーションによる転送量だけではなく、
どのファイルをレプリケーションしたか等の細かい情報を見ることもできます。
具体的な設定方法はこちら↓の記事をご覧ください。

 レプリケーションレポート、出てこいーー!

一方、転送量だけを調べられれば良いという事であれば②のアセスメントレポートが便利です。
以下、レプリケーションしながらアセスメントモードを実行する手順をざっとご説明します。

 

Step 1: レプリケーション実行中のシナリオとは別にアセスメント用の新しくシナリオを作ります。

01_2

(レプリカを空欄にするのと、「アセスメントモード」にチェックを入れるのがポイント)

 

Step 2 : 新しく作ったシナリオを「アセスメントモード」で実行します。

02_2

(こちらはシナリオ実行後の画面)

 

Step 3 : 測定が終わったらシナリオを停止するとレポートが作られます。

04_3

(図のように[ツール]-[レポート]-[シナリオ レポートの表示]でレポートが見られます)

 

06_2

(生成されたアセスメントレポート)

 

アセスメントレポートはどちらかというと
Arcserve Replication を導入する前に必要な帯域幅を見積もりたい、
という目的で使う事が多い機能なので、
レプリケーション中には実行できないと思われがちですが、
もう一つシナリオを作ってしまえば良いというのが今回の手順のポイントです。

なお、アセスメントレポートはXML形式で出力されますが、
これをExcelで分析するためのアセスメントツールもあります。

Arcserve Replication の無償ハンズオンセミナーにお越しいただいた方に
無償でお配りしておりますので、興味のある方は是非ご参加ください!

以上、久しぶりに Arcserve Replication の投稿でした。

|

« Arcserve UDPをテープへ保存する | トップページ | Arcserve UDP のバックアップ容量削減事例を詳しく解説!【前編】 »

技術情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/61583000

この記事へのトラックバック一覧です: Arcserve Replication の転送量を測定したい:

« Arcserve UDPをテープへ保存する | トップページ | Arcserve UDP のバックアップ容量削減事例を詳しく解説!【前編】 »