« Arcserve Replication の相違点レポートを作ってみた | トップページ | Workgroup環境でも「ローカルアカウントのNTFSアクセス権(ACL)」を複製できます! »

2015年7月 3日 (金)

Arcserve Replication で NTFS アクセス権をレプリケーションしてみた

こんにちは、ホテです。

ファイルサーバを冗長化したいという案件では、
NTFS のアクセス権(ACL)が複製されるかどうかが気になるポイントです。

当ブログでも何度か「Arcserve Replication でアクセス権を複製できます!」という
記事を書いていましたが、そう言えばいつも文字ばかりで画面イメージを入れてなかったな、、、
という事で、今回はアクセス権がレプリケーションされている様子を激写(?)して公開します。

 

ちなみに、アクセス権をレプリケーションするに当たり、特別な設定は不要です。
デフォルトでは「ACLをレプリケート」という項目がオンになっているので、
そのままで NTFS の アクセス権がレプリケーションされていきます。

01_2

([シナリオ プロパティ]-[オプション設定]-[ACLのレプリケート]です)

 

で、以下は NTFS ACL の各項目の様子です。
青い背景がマスタ(複製元)で黄色い背景がレプリカ(複製先)です。

「マスタ太郎」というドメインユーザーを作ってそのユーザーに権限を割り当てています。
当たり前ですが、レプリカにも同様に設定が複製されているのがご覧いただけます。

 

◆ アクセス許可

02_2

 

◆ 監査

03_2

 

◆ 所有者

04_2

 

今回はマスタ/レプリカサーバが Active Directory ドメイン環境に参加している前提でお話ししましたが、
ワークグループ環境でもローカルアカウントのアクセス権をレプリケーションできます。
詳しくはこちら↓の記事をご覧ください。

ARCserve RHA r16 SP2 新機能 ~ワークグループ環境でのアクセス権(ACL)の複製

|

« Arcserve Replication の相違点レポートを作ってみた | トップページ | Workgroup環境でも「ローカルアカウントのNTFSアクセス権(ACL)」を複製できます! »

技術情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/61751059

この記事へのトラックバック一覧です: Arcserve Replication で NTFS アクセス権をレプリケーションしてみた:

« Arcserve Replication の相違点レポートを作ってみた | トップページ | Workgroup環境でも「ローカルアカウントのNTFSアクセス権(ACL)」を複製できます! »