« Workgroup環境でも「ローカルアカウントのNTFSアクセス権(ACL)」を複製できます! | トップページ | Arcserve Replication 拠点間で互いにデータを持ち合う。その方法とは? »

2015年7月17日 (金)

Arcserve新しい仕様のライセンスキー「Golden Key」とは?

Arcserve製品と1年や3年のメンテナンス(※)がセットになったものが、ライセンスプログラム(LP)です。
※メンテナンス期間中はテクニカルサポートと無償アップグレードが受けられます。

このライセンスプログラム(LP)で現在提供しているライセンスキーは
従来の個別のライセンスキーにて契約毎の数量を管理するキーではなく、
仕様上、数量と機能を限定していないキーになります (2015年4月より提供開始)。

この仕様上、数量と機能を限定していないライセンスキーをGolden Key(ゴールデンキー)と呼んでいます。

Golden Keyは、契約上ご購入のライセンス(製品・数量)の範囲でご利用いただけますが、一度登録しておくだけでよいため、追加のライセンス購入時に新たにライセンスキーを適用するという手間を省くことができます。

なお、このGolden Keyを適用する際に、登録されたライセンスの表示がこれまでの表示と異なっています。

例えば、Arcserve UDPは、どのEditionでもコンポーネント名が「CA arcserve UDP v5 Premium Edition - Managed Capacity」、ライセンス数が「999999999」と表示されます。

Goldenkey_udp

詳細はこちらの資料をご覧ください。

・Arcserveライセンスキー仕様変更(Golden Key導入)について


また、Arcserve BackupでのGolden Key登録のポイントとして、「CAlicnse.exe」を使ってライセンスキーを登録します。
Arcserve Backupでの登録方法は下記の資料の「登録方法」をご覧ください。

・ライセンスキー登録時「入力済みのライセンス キーは無効です」となる (Golden Key登録時の警告の回避策) 


上記の資料はライセンス登録方法のご案内 (総合ページ)に掲載されています。

ライセンス登録方法のご案内 (総合ページ)


++++
以上、Koichiがお伝えしました。

|

« Workgroup環境でも「ローカルアカウントのNTFSアクセス権(ACL)」を複製できます! | トップページ | Arcserve Replication 拠点間で互いにデータを持ち合う。その方法とは? »

ライセンス登録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/61896126

この記事へのトラックバック一覧です: Arcserve新しい仕様のライセンスキー「Golden Key」とは?:

« Workgroup環境でも「ローカルアカウントのNTFSアクセス権(ACL)」を複製できます! | トップページ | Arcserve Replication 拠点間で互いにデータを持ち合う。その方法とは? »