« Arcserve UDP 新バージョン "v6" の実力とは ~インスタント VM が即時(インスタント)な理由 | トップページ | UDP 7300 アプライアンス:増設NICとHBAの活用方法 »

2016年2月 5日 (金)

UDP v6 はLinuxのバックアップを強化

今週発表の新バージョン Arcserve UDP v6 では
エージェントレス バックアップからファイル単位リストアできます!

 

これまでのUDP v5では、仮想環境をエージェントレスで丸ごとバックアップした場合に、
Windowsの仮想マシンのデータのみファイル単位でのリストアが可能でした。


今回登場の新バージョンUDP v6では、
Linuxの仮想マシンをエージェントレスで丸ごとバックアップした場合でも、
ファイル単位でのリストアが可能となりました。

 

Udpv6_linux_agentless_2


その他、新バージョンArcserve UDP v6の詳細は、こちらの資料にまとめてます。
是非ご覧ください。


■資料(PDF)
Linux バックアップの強化については11ページ以降にまとめてます。

Udpv6_linux



■プレスリリース


++++
以上
Koichiがお伝えしました。

|

« Arcserve UDP 新バージョン "v6" の実力とは ~インスタント VM が即時(インスタント)な理由 | トップページ | UDP 7300 アプライアンス:増設NICとHBAの活用方法 »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/63164276

この記事へのトラックバック一覧です: UDP v6 はLinuxのバックアップを強化:

« Arcserve UDP 新バージョン "v6" の実力とは ~インスタント VM が即時(インスタント)な理由 | トップページ | UDP 7300 アプライアンス:増設NICとHBAの活用方法 »