« Arcserve UDP:一通のメールで全台のバックアップ状況をチェックできる ~ レポートのメール送信 | トップページ | 1分でわかる!Arcserve UDP 新バージョン "v6"の実力 ~ セキュリティ対策に Arcserve UDP のテープ バックアップ »

2016年4月 5日 (火)

Arcserve UDP v6 新機能紹介 ~ (1) 新バージョンのコンセプトとセミナーのご案内

2年ぶりの新バージョンである Arcserve UDP v6 が発売されてから 1ヶ月が経ちました。おかげさまでArcserve UDP v6 のお問合せも多くいただいています。少々遅くなりましたが当ブログでも Arcserve UDP v6 の新機能を連載していきます。とはいえ、かなり量が多いので、すべてご紹介するにはかなり時間がかかりそうです。概要だけでも早く見たいという方は、こちらの新機能紹介資料をご覧ください。

 

------------------------------------------------------------   
目次:   
1) 新バージョンのコンセプトとセミナーのご案内 ← 本日はここ   
2) 仮想マシンとして即時復旧 (インスタントVM)    
3) Linux エージェントレス バックアップからのファイル リストア   
4) Linux エージェントの機能強化   
5) キャパシティ プラニング ツールでバックアップ サーバのサイジングをより正確に   
6) かさばるデータの保管に使えるファイル コピー機能が進化   
7) 管理コンソール初心者のための簡単設定ウィザード   
8) Windowsイベント ログへの登録   
9) PowerShell を使ったバックアップ/リストアの自動実行 【前編】
10) PowerShell を使ったバックアップ/リストアの自動実行 【後編】    
11) テープへの二次バックアップの強化(「テープへのコピー」タスクの追加)
12) その他の新機能と機能改善
------------------------------------------------------------

 

では、今回の Arcserve UDP v6 では以前のバージョンと比べて何が良くなったのでしょうか。一言で言うと「中規模環境の対応強化」です。「Windows サーバだけではなく、Linux サーバもたくさんある。」「災害に備えた遠隔バックアップをしっかりやりたい。」「台数の多いサーバをできるだけ効率よくバックアップしたい」という方が今まで以上に便利に使えるように改良されています。

(※ もちろん、1台からのバックアップでも簡単に使えるのは相変わらずです。操作性も変わっていませんので安心してください。)

 

01_concept

 

おなじみの無償ハンズオンセミナーも 4月開催分から v6 にアップグレードされています。これから導入を検討されている方は是非ふるってご参加ください。

 

1. 【無償実機トレーニング】 Arcserve UDP で簡単、まるごと、イメージバックアップ<前編>

   

2. 【テクニカルトレーニング】 Arcserve UDP で、イメージバックアップ<後編>

   

3. 【無償実機トレーニング】 Linuxサーバの「簡単、まるごと、イメージバックアップ」

 

以上、ホテがお伝えしました。次回からは一つ一つの機能に焦点を当ててご紹介していきます。

|

« Arcserve UDP:一通のメールで全台のバックアップ状況をチェックできる ~ レポートのメール送信 | トップページ | 1分でわかる!Arcserve UDP 新バージョン "v6"の実力 ~ セキュリティ対策に Arcserve UDP のテープ バックアップ »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/63416509

この記事へのトラックバック一覧です: Arcserve UDP v6 新機能紹介 ~ (1) 新バージョンのコンセプトとセミナーのご案内:

« Arcserve UDP:一通のメールで全台のバックアップ状況をチェックできる ~ レポートのメール送信 | トップページ | 1分でわかる!Arcserve UDP 新バージョン "v6"の実力 ~ セキュリティ対策に Arcserve UDP のテープ バックアップ »