« UDPでWindows10のバックアップをテープや遠隔地に保管(クライアントPCバックアップデータをより安全に保管) | トップページ | 1分でわかる!Arcserve UDP 新バージョン "v6"の実力 ~ UDPによるランサムウェア感染サーバの復旧 »

2016年5月24日 (火)

Arcserve UDP v6 新機能紹介 ~ (7) 管理コンソール初心者のための簡単設定ウィザード ~

本日は、Arcserve UDP の管理コンソールを初めて使おうという方向けの環境設定ウィザードをご紹介します。

------------------------------------------------------------   
目次:    
1) 新バージョンのコンセプトとセミナーのご案内    
2) 仮想マシンとして即時復旧 (インスタントVM)    
3) Linux エージェントレス バックアップからのファイル リストア    
4) Linux エージェントの機能強化    
5) キャパシティ プラニング ツールでバックアップ サーバのサイジングをより正確に    
6) かさばるデータの保管に使えるファイル コピー機能が進化    
7) 管理コンソール初心者のための簡単設定ウィザード ← 本日はここ    
8) Windowsイベント ログへの登録    
9) PowerShell を使ったバックアップ/リストアの自動実行 【前編】
10) PowerShell を使ったバックアップ/リストアの自動実行 【後編】    
11) テープへの二次バックアップの強化(「テープへのコピー」タスクの追加)   
12) その他の新機能と機能改善
------------------------------------------------------------

 

Arcserve UDP で複数台のサーバを統合管理する上でプランという考え方(参考記事:Arcserve UDP 機能紹介 ~ (8) バックアップ設定のメニュー化 ~)が出てきます。慣れればとても便利な考え方なのですが、色々な設定項目が出てくるので最初は用語を追うだけでも大変、という方もいらっしゃいます。そこで、バックアップを行うのに必要最低限の項目に絞り込んで、できるだけ簡単にプランを作ってもらおう、という事で作られたのが今回ご紹介する環境設定ウィザードです。 

 

環境設定ウィザードを使うには、管理コンソールの右側にあるリンクをクリックします。

01_Launch

 

ウィザードが出てくるので、あとは指示に従って「プランの種類」「バックアップ対象ノード」「バックアップ先(デスティネーション)」「スケジュール」の4つを指定していきます。 

02_Welcome

 

この環境設定ウィザードは簡単にプランを作っていただくのが目的なので、設定できる項目はかなり大胆に省略されています。例えば、週次/月次の複雑なバックアップスケジュールを設定したり、バックアップデータの遠隔転送(レプリケーション)のタスクを追加したりする事はできません。プランは後から変更する事もできますので、環境設定ウィザードで簡単なバックアップ プランを作ったら、より高度な設定にもチャレンジしてみてください!

 

Arcserve UDP v6 を詳しく知りたい方にお勧めなのが、Arcserve で無償開催している技術セミナーです。4月開催分からセミナーの内容も v6 にアップグレードされていますので、是非ご参加ください。

 

【テクニカルトレーニング】Arcserve UDP で、イメージバックアップ<後編> 詳細 & お申込み

 

以上、ホテがお伝えしました。

|

« UDPでWindows10のバックアップをテープや遠隔地に保管(クライアントPCバックアップデータをより安全に保管) | トップページ | 1分でわかる!Arcserve UDP 新バージョン "v6"の実力 ~ UDPによるランサムウェア感染サーバの復旧 »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

技術情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/63416599

この記事へのトラックバック一覧です: Arcserve UDP v6 新機能紹介 ~ (7) 管理コンソール初心者のための簡単設定ウィザード ~:

« UDPでWindows10のバックアップをテープや遠隔地に保管(クライアントPCバックアップデータをより安全に保管) | トップページ | 1分でわかる!Arcserve UDP 新バージョン "v6"の実力 ~ UDPによるランサムウェア感染サーバの復旧 »