« Arcserve 無償アップグレード 申込方法 | トップページ | 1分でわかる!Arcserve UDP 新バージョン "v6"の実力 第11回 ~ ポイントを抑えて UDP コンソールからテープへのコピーを簡単に設定 »

2016年7月 1日 (金)

バックアップデータをクラウドに保管する際、転送量をギュッと縮小!

Arcserve が選ばれる5つの理由(わけ)は?
と問われたらこの5つのテーマでまとめることができます。

 

1. 導入実績と日本市場での経験
2. 購入が容易
3. クラウドにも素早く対応
4. ニーズに応えた豊富な機能
5. 導入前後も充実した支援体制

 

この度、この5つをまとめた資料を公開しました。

>>Arcserve が選ばれる 5つの理由 (わけ) 2017年版 (PDF)
(※ 2017/6/5 ファイルを最新版に差し替えました)

 

その理由の1つ、「クラウド」についてご紹介します。

 

Arcserve UDPを利用すると、クラウドへバックアップデータを転送する際、
UDPの永久増分と重複排除を組み合わせることで転送量をギュッと縮小できます。

災害対策の1つとしてクラウド環境を利用したいが転送データはできるだけ小さくしたい。という場合に、この機能はかなり有効です。

Cloud


詳しくは12ページ以降をご覧ください。

本PDFはカタログセンターに掲載しています。

+++
以上、Koichiがお伝えしました。

 

|

« Arcserve 無償アップグレード 申込方法 | トップページ | 1分でわかる!Arcserve UDP 新バージョン "v6"の実力 第11回 ~ ポイントを抑えて UDP コンソールからテープへのコピーを簡単に設定 »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/63847989

この記事へのトラックバック一覧です: バックアップデータをクラウドに保管する際、転送量をギュッと縮小!:

« Arcserve 無償アップグレード 申込方法 | トップページ | 1分でわかる!Arcserve UDP 新バージョン "v6"の実力 第11回 ~ ポイントを抑えて UDP コンソールからテープへのコピーを簡単に設定 »