« 1分でわかる!Arcserve UDP 新バージョン "v6"の実力 第11回 ~ ポイントを抑えて UDP コンソールからテープへのコピーを簡単に設定 | トップページ | アプライアンス(Arcserve UDP 7300)にプリインストールされているUDPのバージョン »

2016年7月 8日 (金)

UDPの重複排除はネットワークに流れるデータ量が少なくなります

Arcserve UDPの重複排除(データ デデュプリケーション)を利用することで、バックアップしたデータ容量を減らすことができますが、リモートサーバの復旧ポイントサーバ(RPS)へバックアップデータを送る際に、既に重複排除されたデータが送られているのでしょうか?

答えは、Yesです。

バックアップ対象サーバで重複排除が済んだデータを復旧ポイントサーバ(RPS)に送る仕組みです。

従って、ネットワークに流れるデータ量も少なくなります!

ネットワークがボトルネックになっている場合は重複排除でバックアップ時間を短縮できますね。

Dedup1_3

なお、重複排除を利用する際には、負荷の高い処理は復旧ポイントサーバ(RPS)側で行われるため、復旧ポイントサーバ(RPS)のメモリ量が十分か予めご確認ください。
※必要スペックについて『サーバ構成とスペック見積もり方法』に計算方法を掲載しています。
>> 『Arcserve UDP v6 サーバ構成とスペック見積もり方法』 (PDF 1.29 MB)


また、このUDPの重複排除の仕組みの詳細について、オンラインヘルプに掲載されていますので、併せてご覧ください。

>> データ デデュプリケーションの動作 (UDPv6 ソリューションオンラインヘルプ)

図:Arcserve UDP でのデデュプリケーションの動作

Onlinehelp_2



+++
以上、Koichiがお伝えしました。

|

« 1分でわかる!Arcserve UDP 新バージョン "v6"の実力 第11回 ~ ポイントを抑えて UDP コンソールからテープへのコピーを簡単に設定 | トップページ | アプライアンス(Arcserve UDP 7300)にプリインストールされているUDPのバージョン »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/63877216

この記事へのトラックバック一覧です: UDPの重複排除はネットワークに流れるデータ量が少なくなります:

« 1分でわかる!Arcserve UDP 新バージョン "v6"の実力 第11回 ~ ポイントを抑えて UDP コンソールからテープへのコピーを簡単に設定 | トップページ | アプライアンス(Arcserve UDP 7300)にプリインストールされているUDPのバージョン »