« Arcserve UDP v6 新機能紹介 ~ (11) テープへの二次バックアップの強化(「テープへのコピー」タスクの追加) | トップページ | Arcserve UDP v6 新機能紹介 ~ (12) その他の新機能と機能改善 ~ »

2016年8月12日 (金)

永久増分運用でもリストア操作は1回だけ

Arcserve UDPでは、バックアップとリストアが速い!

今回はその内容をまとめました。

1.バックアップが速い
初回のみフルバックアップですが、以降は増分バックアップを続ける(永久増分)ため、
バックアップ時間が短くなります。

※しかも増分は、ファイル単位の増分ではなく変更されたブロックのみの増分ですので、バックアップするデータ量も劇的に小さくなります。


2.リストアが速い
増分バックアップ運用を行った場合、フルバックアップと複数ある増分データをひとつひとつリストアする必要があり、リストアにかなり時間がかかるのでは?という心配が考えられます。

しかし、UDPでは、永久増分運用でもリストアの操作は1回だけです!
これによってリストア時間は大幅に短縮されます。

サーバを丸ごと戻すベアメタルリカバリ(BMR)の際には、いつとったバックアップでも1回で戻せます。


Photo



さらに、ファイル・フォルダ単位のリストアの際にはエクスプローラを使い、ドラッグ&ドロップだけでファイルやフォルダをリストアできます(簡単ファイルリストア)!


Photo_2


エクスプローラを使った簡単ファイルリストアについてはこちらの投稿をご覧ください。


+++

以上、Koichiがお伝えしました。


|

« Arcserve UDP v6 新機能紹介 ~ (11) テープへの二次バックアップの強化(「テープへのコピー」タスクの追加) | トップページ | Arcserve UDP v6 新機能紹介 ~ (12) その他の新機能と機能改善 ~ »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/64038680

この記事へのトラックバック一覧です: 永久増分運用でもリストア操作は1回だけ:

« Arcserve UDP v6 新機能紹介 ~ (11) テープへの二次バックアップの強化(「テープへのコピー」タスクの追加) | トップページ | Arcserve UDP v6 新機能紹介 ~ (12) その他の新機能と機能改善 ~ »