« 無料の Arcserve UDP で PC をバックアップする ~ (3) バックアップ設定 | トップページ | 無料の Arcserve UDP で PC をバックアップする ~ (5) 復旧用 DVD の作成 »

2016年8月26日 (金)

無料の Arcserve UDP で PC をバックアップする ~ (4) ファイルの復旧

前回は Arcserve UDP無償版を使い、PCのバックアップを行いました。   
バックアップが残っていれば、たとえ、うっかりファイルを削除してしまった、という事があってもファイルを復旧(リストア)できます。

<目次>

無料の Arcserve UDP で PC をバックアップする ~ (1) ダウンロード

無料の Arcserve UDP で PC をバックアップする ~ (2) インストール

無料の Arcserve UDP で PC をバックアップする ~ (3) バックアップ設定

無料の Arcserve UDP で PC をバックアップする ~ (4) ファイルの復旧

無料の Arcserve UDP で PC をバックアップする ~ (5) 復旧用 DVD の作成

無料の Arcserve UDP で PC をバックアップする ~ (6) システム復旧

 

Arcserve UDP でファイルを復旧するのに難しい操作は必要ありません。

バックアップ データの保存先を開くとPCのホスト名がついたフォルダがあるので、   
それを右クリックし [Arcserve UDP 復旧ポイント ビュー] に変更します。 

01_ChangeView

アイコンの表示が変わったのを確認し、フォルダを開くと、、、

02_RPView

   

「復旧ポイント」なるものが出てきました。    
これは、名前の通り復旧できる時点(ポイント)を表すもので、    
下の図を例にすると 8月13日の 22:00:09 と、22:48:50 の時点のファイルを取り出せる、という事になります。

※ 前回 22時にバックアップしましたが、一つだけだと寂しかったので、その後 22:48:50に手動でバックアップしました。 

03_RPs

   

この復旧ポイントを開くと、タイムマシンで戻ったようにバックアップ時点のボリュームが出てきます。

04_Volume

 

 

さらにボリュームの中を探っていくと、復旧したかったファイルが見つかりました!   
このファイルをPCのデスクトップなりにドラッグ&ドロップすれば復旧完了です。

05_Files

 

 

注意:後始末として、バックアップ先フォルダを [通常の Windows ビュー] に戻しておきます。    
復旧ポイント ビューのままだとバックアップ データをマージ(合成)する事が出来ず、古いデータがたまっていってしまいます。 

06_WindowsView

 

以上、ホテがお伝えしました。次回は PC 全体を復旧するための復旧用 DVD の作り方を紹介します。

|

« 無料の Arcserve UDP で PC をバックアップする ~ (3) バックアップ設定 | トップページ | 無料の Arcserve UDP で PC をバックアップする ~ (5) 復旧用 DVD の作成 »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/64081477

この記事へのトラックバック一覧です: 無料の Arcserve UDP で PC をバックアップする ~ (4) ファイルの復旧:

« 無料の Arcserve UDP で PC をバックアップする ~ (3) バックアップ設定 | トップページ | 無料の Arcserve UDP で PC をバックアップする ~ (5) 復旧用 DVD の作成 »